日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

ミニピン ネネー ハロウィンのおもちゃ?

ミスタードーナツの前を通りかかったら、娘が『これ、いいね。ぬいぐるみはネネーにあげたら喜ぶよ〜』1000円で7個入り。
ネネー1

家に帰ると早速娘がネネーと遊び始めた。
ネネー2

ネネー気合い入ります。
ネネー3

パンプキンの部分を集中的に狙っています。
ネネー4

かわいそうなぬいぐるみ。いつまで遊べるでしょうか。
たま〜に、ドーナツ食べるのもいいです。ネネーのお陰かな(笑)
ネネー5


作ってあげたい!小型犬のためのおしゃれな手編み―Miniature dachshund chihuahua toy poodle (私のカントリー別冊)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

数年前の『坂の上の雲を巡る旅』松山編

『坂の上の雲、巡る旅』根岸・三笠編に続いて、松山編です。

ここは、愛媛県内子町の「坂の上の雲」に度々登場した、屋根付きの橋。松山からは車で30分くらい。町中から山道への移動ですが、なかなかわかりにくい場所でした。
内子町は和蠟燭で有名で、江戸の面影たっぷりで面白かったです。
四国1

こちらは松山の『道後温泉』勿論、入浴シーンも撮影されてました。道後温泉から徒歩5分くらいに秋山好古のお墓がありました。朝の散歩で行きましたが、景色の良いところでした。
松山市内では至るところに、秋山・正岡の足跡があります。
道後

こんな写真しかなくて本当に残念。ここは『坂の上の雲ミュージアム』住所は松山市一番町3-20 電話089-915-2600 秋山兄弟の生涯についてたっぷり学べる感じです。
四国2

ここは『秋山兄弟生誕地』住所は松山市歩行町2-3-6 電話089-943-2747 『こんなところで育ったのね〜』は良くわかりますが、展示物が多い訳でもない。でも、ボランティアの方が、とにかく熱心に説明してくれ『地元の賢者を後に伝えたい〜』意気込みが、ありがたかったです。
四国3

ここは、お約束『松山城』
ドラマの冒頭での登場。実際の場所は立ち入り禁止でしたが、気分は盛り上がります。松山城のロープウェイを降りると、そこにもミュージアムがありました。
四国4

この他、松山市内からすぐの『JR三津浜駅』近くには、『三津の渡し』『秋山兄弟銅像』があり、訪れましたが、特にわざわざ行く感じでもありませんでした。娘は、大喜びでしたが(笑)


NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『どこまで乗っても到着しない〜』グリニッジ天文台 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

サヴォイでのアフタヌーンティーを早々に引き上げ、グリニッジに向かう為チャリング・クロス駅に。
グリニッジ1予定の電車に乗り、暫く経つと、、
『おかしいね〜、15分も乗れば着くはずなのに〜』
『しまった〜、ロンドン・ブリッジ駅で乗り換えだった〜』
『ここどこ???』
ロンドン・ブリッジ駅に戻る為に降りた、よくわからない駅のホームで黄昏れている私に夫が『△△ちゃんテイストの旅だから、こんな事もしばしば、、』と言いながら笑っている。そうですか〜(怒)
ここで往復1時間弱のロスタイムとなってしまいました。
旅行後、夫の写真から、このグリニッジの地図の写真を発見。電車の間違いから、昔のハレ(ドイツ)の事(←過去記事リンク貼ってあります)を思い出したに違いない〜、と思うと苦笑です。


やっとの思いで着いたグリニッジ公園の前の像。駅から徒歩10分くらいでした。
グリニッジ2

グリニッジ公園の入口です。ここから更に10分以上歩かなければ、天文台まで行けません。意外に歩きます。最後の5分は山登り??
グリニッジ3

やっと到着。『世界標準時だ〜』
グリニッジ5

グリニッジ4天文台前は人だらけ。ここだけ天気が悪かった、、
本当に残念ですが、電車の間違えで『本日は閉館な〜り』ロンドンに来て、何度目でしょうか(笑)
子午線を表すモニュメントの前で、またいで写真撮りたかった〜、、
この建物もクリストファー・レン設計です。


ここからは見晴らしも良いです。テムズ川も良く見えます。丘を登ってきた甲斐がありました。
グリニッジ6

天文台の裏側から帰ってみると、何やら白線が。『あっ、、子午線だ〜、、でも、ちょっと寂しいね』
1884年の国際天文会議で経度がゼロとなりました。
グリニッジ7

グリニッジ公園で遊んでいた、賢そう〜なワンコ。思わずパチリ。
グリニッジ8

さて、いよいよグリニッジに来た一番の目的『坂の上の雲』ロンドン編?旧王立海軍学校に向かいます。続きは次回。


女の子のためのロンドンガイド THE LONDON BOOK (文化出版局MOOKシリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

蕎麦『吉田屋』旧東海道品川宿 『わらび餅美味しい〜』

東海道五十三次の表玄関、品川宿。元々は本陣近くにあったお店が、大正元年にここに移ったという老舗のお蕎麦屋さん。住所は東京都品川区東大井2-15-13 電話03-3763-5903 勿論旧東海道沿いです。
吉田屋1

店内。広いです。椅子席もあり。
吉田屋5

中庭。人面魚っぽい鯉がいます。
吉田屋6

奥の座敷。
吉田屋7

夫の頼んだ、せいろ。この前には、日本酒、、焼き鳥、、どれも美味しいです。
吉田屋4

私の頼んだ、天ぷら蕎麦。エビも大きい。
吉田屋3

吉田屋に来たら、必ず頼む『わらび餅』注文してから作るので、最初にお願いします。『こんなに美味しいわらび餅食べた事がない〜』と思う程です。絶品です。ただし写真通り3切れで、800円。『一口260円??』と考えると微妙ですが、価値はあると信じています(笑)
吉田屋2


東京 五つ星の蕎麦


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン ローデ24のカプリースNo.5

カプリースの目次←リンク貼ってあります。

ローデ24のカプリースNo.5
冒頭・弓元で〜。全体、弓使い方・手首柔らかく〜。アクセント感じて〜。
とにかく、音程注意しながら、1音1音きちんと弾きまくらないと〜、感が強かったです(笑)





Rode: 24 Caprices for Violin


ブログランキング・にほんブログ村へ

映画『タイピスト』と『あきた美彩館』のランチ

映画1今どきの言葉で言えば『めちゃくちゃ面白かった〜』映画でした(笑)
終わった後、気分爽快なのが、たまらなくいい。
内容は、ただのラブコメディー。タイプ早打ち世界大会優勝を狙う男女が恋に落ちる、、ただそれだけなんですが。
主演のデボラ・フランソワがとっても可愛かった。
オススメです。








映画の後のランチは、品川プリンスシネマの前『あきた美彩館』へ。秋田県物産館、という感じでしょうか。住所は港区高輪4-10-8ウィング高縄WEST3 1F.
映画2

友人の頼んだ『比内地鶏丼』
5映画

私は『八幡平ポーク御前』
物産展に入っているレストランは割と外れがなく、ここは映画館からもすぐなので、お気に入りです。
映画6

コーヒーも飲み放題なのもいいです(笑)
映画7


カトリーヌ・ドヌーヴ パリジェンヌ HBX-101 [DVD]


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ザ・サヴォイ ホテルのアフタヌーンティー イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければ、と思います。

シュトラウスにかこつけて?訪れたザ・サヴォイ。いよいよお目当てのアフタヌーンティーです。予約はサヴォイホテルのテムズ フォイヤーに直接しましたが、平日の3ヵ月以上前にもかかわらず、手頃な時間は予約で一杯。唯一予約の取れた時間は一番早い13時30分〜のみでした。『遅いお昼だと思って行こうね〜』
中に入ると一番目につく、大きな鳥かごのようなもの(笑)
サヴォイ1

部屋を見渡すと『この像は誰〜?』興奮していたので、確認するのを忘れました。
気がつけば満席に。目についたのは、祖父母とお孫ちゃん、、の3人のパターンが何組かいらした事。面白い。
サヴォイ3

いよいよ始まります。先ずはシャンパンから〜♡
サヴォイ2

さ〜、登場です。サンドウィッチもスコーンも笑いが出る程美味しい。紅茶も濃すぎず香りもいい。
『もっと、いかが〜』の声に、何度も(笑)
満腹になったところで『そろそろ出ようか〜』夫が会計をお願いしていたら、、『まだ終わってないって????』
サヴォイ4

『これからケーキ編〜』と運ばれて来たのが、このトレー。『確かにあれだけなら地味だとは思っていたけど、もう食べられないよ〜、、、』サンドウィッチのおかわりしてる場合じゃなかった。こんなに沢山の色とりどりのケーキ、一口つまんだだけでギブアップ、、、
家族全員メニューをきちんと読んでいなかったのでした(涙)
サヴォイ5

サヴォイのアフタヌーンティー、1時間半という枠では堪能しきれず、、(涙)少なくとも3・4時間とるべきでした。反省。
『早くしないとグリニッジ行きの電車乗り遅れるわよ〜』あ〜、慌ただしい。続きは次回に。


英国・カントリー とっておきのティープレイスへ---紅茶の国のティールームからB&Bまで


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

数年前の『坂の上の雲を巡る旅』根岸・横須賀編

子規庵ブログを始める前は、行ったわ〜、という人物中心の『証拠写真』しか撮らなかった為、写真がほとんどありません(涙)
我が家は『坂の上の雲』が大好き。
娘に至っては小3で出会い、小4から連続TVが始まったので、そのハマり方は半端ではありません(笑)当然ゆかりの地巡りも数。イギリス旅行紀が、やっとグリニッジ編に入りそうになってきたので、その前にほんの少しご紹介を。
先ずは都内から。ここは、『子規庵』東京都台東区根岸2-5-11 電話03-3876-8218 JR鴬谷から徒歩圏内。羽二重団子の有名な地域です。
正岡子規が暮らしたまま保存されています。部屋数は3つくらいでしょうか〜。子規の愛した庭も現存されており、その庭を眺めながら、俳句を作ったり出来ます。愛用の机もあり。子規ファンなら、聖地なんでしょうね〜。
『坂の上』友達3人と『子規が最後につかまってた紐に違いない〜』と言いながら、娘達ここに2時間くらい飽きもせず過ごしていました。私は数十分で羽二重団子の事ばかり考えてました(笑)


みかさ次は横須賀編。
これは『戦艦三笠』の艦内。確か、参謀以上のベットだった気がします。(悲しくなる程、写真がありません)
住所は神奈川県横須賀市稲岡町82-19 電話046-822-5225
日露戦争の際、バルチック艦隊を全滅させる偉功をたてた日本海軍の代表的な軍艦として有名。
ボランティアの方々が詳しく説明してくださります。
この艦橋の『秋山真之』の立ち位置(プレートあり)で、娘が『そら豆』をわざわざ腰につけ、秘かに食べていた事は言うまでもありません。
私は『横須賀のどぶ板横町って〜??カレーも食べて帰らなきゃ〜』と考えながら艦内での映画を見てました(笑)

松山編は次回に。


坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

映画『ダイアナ』見てきました

ダイアナ娘に『絶対行きた〜い』とせがませたので、たまたま家に来ていた、母と親子3代で何故か行ってきました。
内容は、チャールズ皇太子と離婚し、亡くなるまでの2年間を、離婚の原因とされた心臓外科医のハスナット・カーン氏との恋を中心にして描いたもの。
公開前のポスターを見た時の印象が『ナオミ・ワッツがダイアナさんと似ていない〜』だったのですが、さすがにワッツ。話が進むうちにダイアナさんに見えてきたのが不思議。以前訪れたパリのリッツや、最近のロンドン旅行で待ちぼうけ?ケンジントン宮殿での門(←過去記事貼ってあります)が何度も出てきたので、微妙に嬉しい?ところも。
とは言え、終了後の感想。娘『DVDは買わないな〜』華やかなイメージのみで見たからでしょう。
母『本当の事は、本人しかわからないわよ〜』あっさり。
何となく虚しい〜感じだけが残った映画鑑賞となりました。


ダイアナ 最後の恋 (竹書房文庫) この本を読んでから行けば面白いかもしれません。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ザ・サヴォイホテル ロンドンとヨハン・シュトラウス2世 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。
音楽家・皇妃エリザベートを巡る旅の目次(←リンク貼ってあります)はこちらからどうぞ。

名残惜しくコートールドギャラリーを出た私達が向かった場所は、徒歩数分のところにあるザ・サヴォイホテル ロンドンThe Savoyのアフタヌーンティーへ。
『何故サヴォイ?』1889年の創設の際『レストランでウィーンのワルツを〜』の際、ヨハン・シュトラウス2世が指揮していた、、(総支配人は後のパリのリッツのセザール・リッツ)とても贅沢なホテルとしてスタートを。シュトラウス、と聞けば『行くしかないでしょ!』

大通りからサヴォイに向けて目を凝らすと、サヴォイ伯の黄金像が、、
サボイ1

もともとは、このサヴォイシアターの観客の為にホテルを併設したそう、、
サヴォイ7

いよいよエントランスへ。
サヴォイ6

ロビー。
サボイ3

サヴォイグッズの売店の前。
サボイ4

これ、トイレの中なんです。
サヴォイ5

どうしても目についてしまった『SBVOY』のナンバープレート。これは恥ずかしいかも、、
サボイ2

『時間がな〜い』サヴォイでのアフタヌーンティー編は次回へ。

サヴォイ・カクテルブック The Savoy Cocktail Book


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

渋谷西武で焼き肉ランチ『草庵』

『渋谷でランチ〜』と思った時、外れのないのがデパートのレストラン街。駅から一番近い東急東横はリニューアルしているので、次に近い渋谷西武へ。
『牛一頭買い〜』という言葉にどこまでも弱い私。今回は渋谷西武A館8階のレストラン街にある『山形牛焼き肉・牛衛・草庵』に。
渋谷1

いろんなランチセットが充実していますが『山形牛三種盛ランチ』をお願いする事にしました。
渋谷2

霜降りだらけのお肉です(笑)
渋谷3

『美味しいね〜』はい、たまりません。友人との話もはずみます。
渋谷4

デザートは一瞬場所移動して同じA館の5階にある『トップス』へ。
はい、永遠に美味しいです。最近の複合施設にあるカジュアルなトップスはケーキが小さいので寂しいです。やはり、トップスのチョコレートケーキは『ど〜ん』となければ困ります(笑)
渋谷5


渋谷50(SHIBUYA FIFTY) LUNCH


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン ローデ24のカプリース No.4

カプリースの目次←リンク貼ってあります。

ローデ24のカプリース No.4
最初の重音、1つ1つ丁寧にさらって〜、音程しっかり〜。歌って〜。
アレグロ、弓真ん中で〜。





24 Caprices for Solo Violin


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

Fashy社の湯たんぽを購入してみました

友人が『Fashy社の湯たんぽ、いいわよ〜』と教えてくれたので、早速購入してみました。
季節を問わずエアコン等の電化製品が苦手な私。冬は床暖房のみ。今年は、この湯たんぽで『温かい冬』を過ごせるかしら〜。
このFashy社の湯たんぽ、種類が豊富で、くまさん、、♡さん、、ありましたが、一番オーソドックスなものにしてみました。
湯たんぽ1

中身はこんな感じ。A4くらいの大きさです。
湯たんぽ3

一緒に娘の分も注文。
湯たんぽ2

以前購入した、このキリンさん。北欧の製品だったと思いますが、中身がお米の類。レンジでチンして、数時間あったまるという優れもの。でも、、中身が中身なので、ネネーに食べられそう、、、タンスの奥です(笑)
湯たんぽ4

ところで、今回の購入の仕方は、ハピタス(←リンク貼ってあります)経由、楽天からと、サイト経由で購入を。これで、ポイントの3・4重取り可能なはず。ちょっと賢い主婦になった気分です。パソコンを使っての裏技、たくさんあるようなので、少しずつ世間についていきたいのですが、、、無理だろうなぁ(笑)


ウィリアム・モリスの布でつくる美しい暮らしの雑貨



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

コートールドギャラリー『最高!』 ロンドン旅

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

ロンドンでのお買い物を終えたところで、コートールドギャラリーCourtauld Gallerysへ。Covent Garden駅から数分のところにあります。『ヨーロッパ随一の印象派コレクション、規模は世界最小、、』に惹かれて行ってみました。素敵なところで、もし次回があれば、時間をかけてもう一度行きたいような所でした。(ゆっくりまわっても2・3時間あれば充分です)カフェや売店もあります。

サマ・セットハウス内?にあるので、これも見逃せません。この建築空間も素敵です。
コート6

ギャラリー内に入って最初に目につく階段。美しすぎて、ため息が出ます。
コート1

この建物内で鑑賞できる事が嬉しくなります。
コート2

ゴッホ・マネ・ルノアール・セザンヌ、、、皆さん勢揃い。
勿論ルーベンス・ボッティチェリ、、もあります。
コート3

ゴーギャンさんもしっかり。
何十年も前の新婚旅行での、タヒチの海を思い出します(笑)
コート4

ドガの踊り子シリーズは個人的に好きなんです。
コート5

『ゆっくりしていたいのはわかるけど、サヴォイのアフタヌーンティーの予約に間に合わないわよ〜』次回です。


西洋美術への招待


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ミニピンネネー 『楽しいお散歩』

ネネーさん。台風も去り、やけに天気が良いので、ロングのお散歩。
途中、ふと座ってしまった。疲れてる訳でもないのに、、
ネネ1

いつもの「ぽつん」感、漂っています。『何考えているんだろう〜』
ネネ2

気を取り直して歩いていると、、『お〜、、カァティだ〜』
カァティとは、同じ2才。お散歩中、よく会う幼なじみ。
ねね3

2人で、いつまでも、、じゃれ合います。
ネネ4

やけに満足げなネネーでした(笑)『楽しい、お散歩になって良かったね〜』
ネネ5


ミニチュア・ピンシャー カレンダー 2014年


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『バンコク1000円でできること』を読んで

本初のバンコク旅行に向けて、本屋でガイドブックを探していたところ、、何となく「コレ」というものがない〜。
目についてしまったので、何故かこの本を購入してしまいました。
こんな素敵なお店で1000円以内で食べれます〜。この美味しそうな屋台でのセットも〜。この夜景のキレイなバーも〜。アユタヤだって頑張れば1000円以内〜、、、延々と詳細に語られてます。
この本を片手に行くかどうかは別として、バンコクでの物価や、諸事情がよくわかりました。面白い本でした(笑)
もう一冊、普通のガイドブックを探さなきゃ(笑)


バンコク 1000円でできること


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ロンドン 楽譜屋さん・本屋さん イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

早朝からロンドンのモーツァルトごっこをした後は、楽譜屋さんへ向かいます。日本の半値くらいな物もあるので助かります(笑)事前に調べた結果、一番大きそうなお店へ。ソーホー付近にあります。
『Chappell』住所は152-160 Wardour Street Soho London.
楽譜1

店内。ヴァイオリンだけでなく他の楽器の楽譜も充実しています。店員さんも親切。私達のお願いしたリストの中で在庫のないものも、1週間くらいで取り寄せ可能、と言ってくれました。
楽譜2

レジ付近で見つけた、お茶目なモーツァルト。思わずパチリ。
楽譜3

購入した楽譜の一部です。重かった〜。
楽譜4

次に向かったのは同じくソーホーにある本屋『Foyles』この本屋さん、ロンドン市内には何件かお店があり、ネット販売もしています。住所は113-119 Charing Cross Rd.London.
本屋1

店内案内?とにかく広く、見つからないものはないのでは(笑)
本屋2

本屋で購入したもの。楽譜と合わせると重さが倍増〜。
本屋3

さてさて、今回イギリス旅行最大の?お買い物が終わったので、荷物を置きに一旦ホテルに戻り、楽しみにしていた『コートールド・ギャラリー』にバスに乗って向かいます。続きは次回に。

LOVEロンドン!お買いもの旅


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

大森・焼き肉『ガリバー亭』なかなかです。

我が家が車で近くを通るな〜と思う時、予約を入れる焼き肉屋さんは『ガリバー亭』手頃な値段で、叙々苑等にひけをとらない肉質が気に入ってます(笑)JR京浜東北線大森駅から徒歩5分くらい。駐車場も2台あります。空いてなければ、すぐ近くにコインパーキングあり。
住所は東京都品川区南大井6-20-7 電話03-3298-2989
ガリバー1

店内。土日は並ぶので予約をした方が無難です。ここの牛タンがたまらなく好きなのですが、今回は趣向を変えて『なでしこコース、1人前2500円』を予約してみました。普段は何の行動もせず、だた予約のみで行くのですが、今回はお店のホームページ(←リンク貼ってみました)を覗いてみると、クーポンもあったので持参(笑)
ガリバー2

それでは『なでしこコース』の紹介です。ナムル・キムチ盛り合わせが出てきます。
ガリバー5

シーザーサラダ。大盛りです。
ガリバー6

サムギョプサル。たくさん〜。その前にあらびきソーセージも出ました。
ガリバー7

カルビ・ハラミ
ガリバー8

焼きまくります(笑)勿論、無煙。ガリバー亭に通うようになって、七厘の扱い方が上手くなりました。
ガリバー9

この時点で、相当お腹いっぱいですが、チヂミの登場。自家製ソースがたまらなく美味しいです。
ガリバー10

最後の仕上げ、ズンドゥブチゲ。アツアツ。胃には全く余裕がありません。
ガリバー11

食後のデザートのアイスとお干菓子。以上がコースの一部始終。お野菜たっぷりなコースでした。
次回行く時は、このコース選ぶかしら?う〜ん、やっぱり『好きなお肉選んで〜』の方がいいかも(笑)
ガリバー12


東京最高のレストラン2013


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン ローデ24のカプリース No.3

カプリースの目次←リンク貼ってあります。

ローデ24のカプリース No.3
『全て第2ポジションで〜』大変そうした。長〜いスラーもたまりません。
特に指示はなく、ひたすら弾くのみでした(笑)



24 Caprices for Solo Violin



にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

ロンドンの歩き方? イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

若干話はズレますが、ロンドンでの移動について書こうと思います。
先ず、市内観光移動に必要なもの。トラベルカードかオイスターOyster card(スイカのようなもの)どちらにするか迷いましたが、ちまちま計算した結果オイスターに軍配が上がりました。パスポートなしで発券でき、便利です。
歩き1

14才の子供には、窓口で相談した結果『毎日One day Travelcardを買おう〜』という事になったのですが、毎朝となると面倒でした。
『公共の交通機関を〜』が信条で動きましたが、最寄駅の改札が閉まっていたり、トラブルはつきものです。『頑にならないで、タクシー使った方が良かったね〜』という場面も何度かあり、反省点です。
地下鉄で冷房付はほとんどありません。猛暑の最中だったので『サウナにいるよう〜』くらい疲れました。『なんと、、新しい車両は冷房付』がキャッチフレーズの広告が目にとまりました(笑)
歩き方

地下鉄だけでなく、バスも勿論使えます。ホテルの目の前にバス停があったので、便利でした。(ロンドンヒルトンオンパークレーンの場合、地下鉄の駅まで5分歩きます)
バス、、『理解するのが面倒そう〜』と思っていましたが、使ってみると、バス地図も分り易く、割と簡単でした。
歩き2

バスはいつ乗っても、意外と時間かかりません。2階建バスの2階からは景色も良〜く見えて、楽しいです。たま〜に冷房付のバスもあり。
歩き3

テムズ川での船移動は、面白いですが、時間に余裕のある方にオススメ。
歩き5

長距離電車(BRI)を使う場合は『いつでも電子掲示板とにらめっこ』をオススメします。時間やホームが変わる事しばしば。ホームにたどり着いても油断は禁物。『アナウンスに耳を傾けて〜!!』一本のホームが長い為、両端を使う事もあります。行き先を確認して電車に乗るまで油断できません。何度失敗しそうになった事か〜(笑)
BRIの予約は何件もの会社から出来、値段も違う事もあり。共通している事は、予約が早い程割引率が高くなります。
歩き4

次回は『ロンドンで楽譜・本の購入〜』編です。


産業革命 (世界史リブレット)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ミニピンネネー 2才の誕生日です。

ネネーの2才の誕生日。家族全員で、何となく朝からソワソワです。
お誕生日なので、ちょっぴりオシャレしてみました。
ネネー1

さてさて、今日は大奮発!娘がお小遣いで、ワンコの『すき焼き』を買ってました。
ネネー2

中身を開けてみると、、普通にすき焼きっぽいのですが、、色がありません(笑)
ネネー3

ネネーは、美味しそうに、涙ぐみながら、バクバク食べてました(笑)良かったね〜。
ネネー4

さてさて、、プレゼントは、、コレ(笑)
ネネー5

引っ張っこして、たくさん遊びました。
ネネー6

『お腹も遊びもいっぱい〜、早く寝ようよ〜』と娘にせがむネネーです(笑)
『うちの子になってくれて、ありがとうね〜』
ネネー7


かんたん! 手づくり犬ごはん←買っただけで、一度も試した事ありません。気持ちはあるんですが(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『銀座立田野』での夕食

先日のライナー・キュッヒルコンサートは銀座ヤマハホールだったので、近くで軽く夕食を。
ここは『銀座 立田野 本店』住所は東京都中央区銀座7-8-7 電話03-3571-1400
立田野といえば「あんみつ」老舗の和菓子屋さんで併設されているレストラン?での軽食は、どこに手を抜く事なく丁寧な味なので気に入っています。
立田の7

店内。清潔です。
立田の1

お茶も『濃くていいね〜』
立田の2

季節によって食事のメニューは変わりますが、これは『鮭茶漬け』
鮭も『今、焼いたばかりで〜す』
立田の3

茶漬けに付いていた、わらび餅。勿論、美味しい!
立田の4

こちらは『鳥釜飯』いろいろついてます。注文してから作るので20分くらい待ちました。
立田の5

『おこげが取れな〜い』と楽しい会話です(笑)
立田の6


美味しい銀座 (だいわ文庫)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

冬のバンコク行きのチケットを購入しました

久しぶりのアジア旅行。今回のアレンジはとても楽。航空会社もホテルもだいたい決まっている。バンコクに行っても何もせず、マッサージの日々の予定、、、とまでは良かったのですが、、航空券から??になってしまいました。

デルタ何十年もの間『マイルをきちんと管理する〜』というところまで気がまわらず(後悔!)『安ければいいの〜』とアライアンスも気にせず購入していた我が家。貯まったマイルは楽天のポイントに替え、ミネラルウォーター購入して、賢い主婦のつもりでいました(笑)
その反省を元に??『いきなり上級会員』という言葉に踊らされて作ったデルタアメックスゴールドカード。『これからはスカイチームの時代よ〜』、、、

航空券は勿論デルタ航空で購入しようと、、『アップグレードの可能性〜』が頭にチラチラしながら予約画面、目を凝らしながら進んでいくと、、(勿論エコノミーです)
『エコノミーコンフォート』(だだのはじっこの席)に、あなたはゴールドメダリオンなので予約させてあげま〜す。『プリファードシート』(座席の角度が少し違う・足元が広くなる)なら片道、なんと半額の3500円で受け付けてあげま〜す。『ん??これだけ??』
プリファードシートにすると、我が家は3人家族なので、3500円×6、、、微妙な数字。『ありがたく、エコノミーコンフォートの座席指定させていただきましょ、、、』
勿論、路線によってアップグレードの内容に違いがあるようです。それにしても『エコノミーコンフォート』の区切り、、面白い。今迄普通に指定できた気がするけど、、気のせいだったのかしら〜。『マイル初心者の私は細かい所を理解するの大変なんですよ〜』
一つ一つ経験していかないとわからない事ってたくさんありすぎます。これからはマイレージの勉強をしていかなきゃ、、

とはいえ、マイルに有効期限がない事・ラウンジ利用が出来る〜、を思うと当分の間デルタアメックスにはお世話になりそうです。バンコク旅行の空港では、このカードのみで、どこまでメリットを享受できるか楽しみです。


バンコク (ララチッタ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ライナー・キュッヒル ヴァイオリンリサイタル行ってきました。

「ライナー・キュッヒル ヴァイオリンリサイタル」行ってきました。我が家のウィーンフィル好きは先日”青い目の夫”(←リンク貼ってあります)で触れた通りですが、コンサトマスターマスターのライナー・キュッヒル氏のソロコンサート。またまた楽しませてもらえました。

グールド2演目は、モーツァルト・ヴァイオリンソナタK304、プフィッツナー・ヴァイオリンソナタOp.27、チャイコ・クライスラーの小曲、ヴィエニャフスキ・ファウストの主題Op.20。アンコール曲はモーツァルトソナタ、サラサーテ等4曲でした。
席が前方しか取れなかったので、ヴァイオリン本来の音色は微妙にわかりにくかったのですが(勿論美しいには違いありませんが)、逆に『ヴァイオリンの本来の音はこう出すんだよ〜、音楽って素敵だね〜』と言っているような気が肌で感じる事が出来、この場に居られた事が嬉しくて嬉しくて、大興奮な一夜となりました。ピアノの加藤洋之さんとの息も年を増す毎に更に美しい音色を醸し出していました。凄いです。
本当に不思議なんですが、キュッヒル氏のソロコンサートはいつ行っても、観客全体が一体化してる、と言ったらいいかしら?『お〜、、ほぅ〜、、はぅ〜、、』と生音を聴けるのが嬉しすぎて、皆さんニコニコなんです。なかなかこんな雰囲気のコンサートありませんよね。
娘は『キュッヒルさんて、ヴァイオリン弾くのが大好きでたまらないんだね。楽しいね〜』(笑)

ところで、この夜のコンサートは銀座のヤマハホールでした。店内を見ていた所、こんなポスターがあったので思わずパチリ。『タイムカプセルに乗って、グールドさんの生の音を聴きに行きた〜い』
グールド1


日本の歌 ヴァイオリンとハープで奏でる日本の原風景


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

パエリアが食べたくなったら『エスペロ銀座』へ

ここはスペイン料理『エスペロ銀座3丁目店』
『美味しい、パエリア食べた〜い』と思ったら我が家がよく行く店です。
住所は中央区銀座3-4-4 大倉別館2F 電話03-5250-2571
エスペロ1

昔からこれが貼ってあったようですが、気づかず(笑)『やっぱりパエリア自慢の店だったのね〜』
エスペロ3

お店の中は至ってカジュアル。エスペロのランチも手頃なお値段で良いのですが、今回は夕食に。
エスペロ2

先ずはサラダ。自分の好みで、ドレッシングっぽく出来るのが嬉しい。
エスペロ5

貝のソテー。全体的に量は多くありません。
エスペロ6

若鶏のガーリックソテー。今回は頼みませんでしたが「スペインオムレツ」も好きなメニューの1つです。
エスペロ7

いよいよ本日のお楽しみ『魚介類のパエジャ』30分以上かかるので最初に頼むのをオススメします。
とにかく美味しいです。おこげもガリガリして、最後の1粒までいただきます(笑)
エスペロ8

最後に「カラメルプリン」これは普通です。
エスペロ9


銀座でランチ (ブルーガイド・ムック)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン ローデ24のカプリース No.2

カプリースの目次←リンク貼ってあります。

ローデ24のカプリース No.2。
レッスン内容は、『肩でひかない、手首柔らかく・指づかい注意』
全体・弓は真ん中より少し上で〜。アクセント記号注意〜。
最後の8部音符短く〜。




Rode: 24 Caprices en formes d'etudes


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

ロンドンのモーツァルト 滞在した家・2ヶ所 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。
音楽家・皇妃エリザベートを巡る旅の目次(←リンク貼ってあります)はこちらからどうぞ。

ロンドンのモーツァルト巡り。最初の交響曲を作曲した家から、ロンドンの中心?ピカデリーサーカス方面に移動。
ここは古本屋街として有名なCecil Court 9番地。レスタースクエアLeicester Square近くにあります。
この家はロンドンに到着したモーツァルト一家が、最初に住んだ家です。1764年4月終わり〜8月初めの「最初に交響曲を書いた家」に移る迄。1764年4月27日にはバッキンガム宮殿にて、ジョージ3世の前で御前演奏をしているので、この家から出かけたのでは?と思われます。
モーツァルト2

写真がぶれていてすみません。
モーツァルト3

目の前の古本屋街。早朝なので、閑散としていますが、、、
記憶が定かではありませんが、2・3年前に町おこしの一環として、モーツァルトの青プレートをつけたようです。
モーツァルト1

場所を変えて、ここは 21 Frith Street,Soho.モーツァルト一家の「最初の交響曲を書いた家」からロンドンの中心に戻ってきた1765年9月から住んだ家です。
モーツァルト4

ここでのモーツァルトは、大バッハの息子「ヨハン・クリスティアン・バッハ」から、バッハ家の技法、イタリアオペラの技法を教わったり、カストラート歌手から歌の個人レッスンを受けたり、、8才の神童モーツァルト『遊びながら、楽しくお勉強〜、、時には演奏会、、』の日々を過ごしていたのだと思います。
モーツァルト5

この家の一階は現在カジノに。『モーツァルトが今ここに住んでいたら、毎日通ってそう〜』と娘の一言(笑)
モーツァルト6

ロンドンでのモーツァルト巡り?を一通り終えたので、夫がまだ寝ている(笑)ホテルに一旦戻ります。
『ロンドンの歩き方?』編は次回へ。


モーツァルト 天才の秘密 (文春新書)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『青い目の夫』を読んで

我が家はウィーン・フィルが大好き。とは言ってもオーケストラの来日公演は高額な為、毎年は行けませんが、、(笑)
毎年、元旦の夜はウィーンフィルの「ニューイヤーコンサート」は家族全員で正座してTVに釘付け。『今年は誰が指揮振るか知ってる〜』と会話が弾みます。ウィーン楽友協会でのニューイヤーコンサート『生きているうちに一度は行きたい〜』大きな夢です。
楽友協会とまではいきませんが、ウィーンでのコンサート後すぐに、ウィーンフィル・コンサトマスターのライナー・キュッヒル氏率いる「ウィーン・ リング・アンサンブル」が毎年日本に来てくれるので、これは欠かせません。本場のリズム・極上の音質を肌で感じる事が出来『やっとお正月がきたね〜』と噛み締めるのが恒例となっています。

本ところで、コンサトマスターのライナー・キュッヒル氏の奥様、キュッヒル真知子さん(日本人です)が自叙伝を出した〜、との事だったので、早速購入してみました。私の想像以上に、すっごい本でした。
勿論、キュッヒル氏への普段のサポート・氏の素顔・華やかそうに見える舞台の裏側、、等、沢山書かれています。
が、1人の日本人として海外から見た現在の日本の現状など、とても険しい目で見ている、、とにかくパワフルな方、、そんな奥様だからこそ、こんな凄い方の支えが出来ているんだ〜と心底思いました。『幸せは誰からも計れない、自分で感じるもの〜』ありがたい言葉でした。
キュッヒル氏ファンにとっては必見です(笑)


青い目の夫


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ロンドンのモーツァルト『最初の交響曲を書いた家』 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。
音楽家・皇妃エリザベートを巡る旅の目次(←リンク貼ってあります)はこちらからどうぞ。

ロンドンのバルトークを垣間みて、次に向かったのがモーツァルト。
バルトークの家から徒歩10分くらいでオレンジ広場ピムリコOrange Square Pimlicoに到着。
全体像、、真っ暗な写真ですみません。この像、1994年、マーガレット女王により寄贈されています。
モー2

バイオリンを持つ少年モーツァルトです。
モー1

像の下の部分。『この広場でモーツァルトが遊んでいたかもね〜』と楽しい会話がはすみます。
モー6

斜め前くらいに当時住んでいた家があります。住所は180 Ebury St.Belgravia.
ザルツブルグから旅に出ていた、モーツァルト一家は1764年8月5日〜9月の終わり迄この家に住みます。父レオポルトが風邪をこじらせ、静養の為ロンドンの中心地から離れての滞在だったようです。モーツァルト(当時8才)が最初の交響曲を作った家として有名。
個人的には、この家での2ヵ月は旅の日のモーツァルト一家が一番幸せな時期だったのでは?と思っています。どこでも『演奏会〜』に明け暮れた幼少期。この家に居た時期は、父の静養で、それも頻繁ではなかったようです。当時のロンドンは既に総菜屋さんが沢山あったとか。母アンナ・マリアも異国の総菜を使って料理したものを一家でいただいたり〜、姉ナンネルと遊んだり〜、、、旅の日の楽しい時間が、、だといいな〜と勝手に想像しています(笑)
モー3

家についていたプラーク。
モー4

家の近くにある、チェルシー、ラネラ庭園Ranelagh Gardens.(チェルシーフラワーショーで有名)早朝すぎて門開いておらず、、、残念。
ここでは、1765年当時9才のモーツァルトが庭園の中にあったラネラガーデンズロタンダ(コンサートホール。1805年に取り壊し)で演奏しています。
このラネラガーデンズでの当時のコンサート、、入場料1〜2シリング(当時の労働者階級の1日分の給料に相当)で、お茶・バター付パンまでついていたようです。面白い。
モー5

場所を変えて、更にモーツァルト巡りをします。この続きは次回。

モーツァルト:初期交響曲集


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

インド料理「アクバル」たまプラーザ店『ナン絶品です!』

インド料理「アクバル」たまプラーザ店。
住所は神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-7 東急たまプラーザ店B1 電話045-903-2154
『いつ行っても並んでる〜』それを聞いたら、行かなきゃ(笑)
11時オープンと聞いてましたので11時過ぎに行きましたが、既にいっぱい。15分程待ちました。
アクバハ3

ランチメニューです。
アクバハ2

先ずは友人の頼んだ『タンドリーランチ』1250円。ミネストローネスープから登場。一口いただきましたが『美味しいね〜』
アクバハ4

メインのお皿『このタンドリーチキンが美味しいのよ〜』これまた1ついただきましたが『味がしみ込んでる〜〜』
アクバハ5

私の頼んだ『ランチB』キーマカレーセットです。キーマカレーの上に「今切ったばかりです!」の新鮮な生姜がたまりませんでした(笑)ナンも巨大・焼きたて。食べきれません。辛さも自分で調節できます。
常に並んでいる理由がわかりました。
アクバハ6

『たまプラーザの駅前って、キレイ〜』面白そうなビルが隣接しています。『また、アクバルは来なきゃ〜』
アクバハ1


田園都市生活 44


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
ヒルトンの予約

一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村