日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

ブルーエレファントの贅沢ランチ バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

マンダリンオリエンタルでお茶後は、一旦ミレニアムヒルトンホテルに戻り(ホテルスタッフに尋ねましたが、ミレニアムヒルトン→コンラッドへスーツケースを運ぶ、、等のサービスはないようです。残念!)荷物と共に移動。先ずはお昼を。
ブルーエレファントは、バンコク土産でグッズのお土産をいただいた事もあったので、前々から気になっていました。夜はとっても高そうだったので、ランチで。
ブルー・エレファントThe Blue Elephant.住所は233 South Sarthorn Rd.電話0-2673-9353.BTSスラサック駅からすぐ。ミレニアムヒルトンからはタクシーで。渋滞があったので100バーツ程。
ブルー1

店内。高級感いっぱいですが、何だかあったかい感じと言ったらいいでしょうか。
ブルー3

テーブルセッティングも可愛い。
ブルー2

今回はビジネスランチ、1人590バーツをお願いする事に。別途飲物を付けると、贅沢ランチの値段になってしまいました(笑)
前菜。写真手前は、お店からのサービス。懐石のようにキレイにデザインされているお料理。どれも絶品です。
ブルー4

さ〜、メイン?に移ってきました。まだまだ、食べてね〜、と量も多い。
ブルー5

カレーのお米はチョイスできます。勿論おかわりも〜(笑)
ブルー6

とっても美味しいのですが、もう食べられません〜、鴨肉さ〜ん。
ブルー7

デザートも手を抜いていません。
ブルー8

『今からコンラッドでチェックイン→プール→ケーキタイム→マッサージにしようね〜』と言っていたのですが、我が家のペースで動けたのは、ここ迄だったのです。続きは次回、年明けに。

バンコク旅行の途中ですが、明日から年末年始の国内旅行に行ってきます。当分ブログはお休みです。
皆様、心せわしい年の暮れ、何かと御多用とは存じますが、何卒お気をつけて年末をお過ごしください 。

旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

マンダリンオリエンタルでお茶タイム バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

ワットアルンを堪能した後は、船を乗り継いで、マンダリンオリエンタルバンコクへ。
何十年も前にバンコクを訪れた母に、お土産話を聞いていた時『オリエンタルホテルは天国にいる気分だったわ。朝起きて朝食をいただきに降りると、ハープの生演奏が聞こえるの、、、ホテルから一歩外に出ると別世界だけど、、』その言葉が私の耳に残っていたので、お茶だけで来てみました。
オリエンタル1

ロビーからして、重厚さがよくわかります。ため息がでる程、美しい。
オリエンタル2

お庭のテラスでお茶タイムです。
オリエンタル3

この場所に居られて、幸せな気分満載。
オリエンタル4

マンダリンオリエンタル号もかわいい。
オリエンタル5

お庭で、ふと目を凝らすと、ぞうさんでした。こんな些細なところにもこだわりが感じられます。
オリエンタル6

恥ずかしながら、トイレウォッチャー?な私。トイレもキマッてます(笑)
オリエンタル7

『お腹がすいてきたね。お昼を食べにブルーエレファントに行こう〜』次回です。

タイ (空旅Style)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ワットアルンで大はしゃぎ! バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

川から見るだけのつもりが、何故か中に入ってしまったワット・アルンWat Arun。三島由紀夫の「暁の寺」の舞台でもあるとか、、残念ながら想像が追いつきません。
船から降りると、ラマ2世の遺骨が納められている本堂がモザイクたっぷりな中あります。
ワットアルン1

川から見るのと、壮大すぎ、全く違う感覚になります。
ワットアルン2

『登りに行こうか〜』と歩いていると、『1人200バーツで民族衣装着ませんか?』普段ならスルーなところ、何故か『2人で300バーツだったら、やろうかな〜』と言ってしまった私。勿論OK.
ふと我に返って考えてみると、300バーツでも充分お高い。久しぶりに南国に来た〜という開放感からでしようか。怖い〜(笑)
こんな写真載せてしまい申し訳ありません。娘と2人、ニコニコ、キャーキャー、このポーズ、あのポーズ、、撮影大会となってしまいました。
ワットアルン3

入場券購入後、中に入ると『あっ、、短パンだ』と娘。足が出ている人は入れません。デポジットはあったものの、混雑もなく、すぐにお借りする事ができました。
ワットアルン5

急な階段を登ると、景色が広がります。ここはヒールではきつい。
ワットアルン6

よくよく見ると、こんなに繊細なモザイクでした。
ワットアルン7

おまけは、出入り口付近にいた猫ちゃん。幸せそう!ワット・アルンにはワンコではなく、猫がたくさんいました。
ワットアルン8

『お船に乗って、マンダリンオリエンタルに、お茶しに行こう〜』は次回です。


23 地球の歩き方 aruco バンコク 2013~2014

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『メリークリスマス!』我が家の飾りは?

クリスマス3『メリークリスマス〜!!』無宗教なはずなのに、何となく、今朝はワクワク!
クリスマスといえば、プレゼント。娘がサンタさんを疑い始めた数年前『信じない子供の所には、サンタさん来ないわよ〜』と言ったところ、14才の今でも信じてる振り?←この部分は、どうしても突っ込んで聞けません。『今年は何をお願いするの?』『サンタさんが、私にあげたいもの、、』挑戦状ですか??
思い出深いのは、2年前。朝、誰よりも先に起きた娘が、泣いている。『サンタさん来なかったの?』『来たけど、これだけ、、夢ない〜』とシクシク。その年はサンタさんに『ワンコ』をお願いしていた娘。朝起きたら『キャン、キャン、、』とツリーの下に子犬がいるはずなのに何故か現金だけ、、(笑)娘、大ショック。お年玉も合わせて、1月中旬に来てくれたのがネネーでした。

我が家のクリスマスの飾りを一部ご紹介。ネネーのオイタがあるので、根元の方には飾り付けが出来ず、寂しい感じになってしまいます。個人的には、ワラのオーナメントは??なのですが、娘が気に入っているので、ここは大人になって、、というところでしょうか(笑)
クリスマス4

玄関。ごちゃごちゃ。
クリスマス5

トイレ。飾り付けに勢いがついてしまい、ネネーのドレス姿を写真立てに入れたところ、夫には『親バカ過ぎて、恥ずかしい』と言われてしまいました(笑)
クリスマス6

おまけ。この何の変哲もないクリスマスケーキ。アトリエうかい(←過去記事リンク貼ってあります)のもの。友人宅のクリスマスパーティーでいただきました。『生まれて初めてこんなに美味しいショートケーキ食べたわ〜♡』と思う程、美味しかったです。クリームはフワフワ。甘さ控えめで上品。中のカステラ部分は薄く、いちごたっぷり。やっぱりアトリエうかいは、ただ者じゃありません(笑)出してくれた友人に大感謝です。
皆様、楽しいクリスマスが過ごされますように。
ukai.jpg


わたしのすてきなクリスマスツリー


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

チャオプラヤーエクスプレスボートで、ワットアルンへ バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

『まったり旅』のつもりのバンコク旅行。夫は、お船を見ると条件反射のように乗りたくなってしまう体質なので『時間は気にせず船に乗ろう〜』
とはいえ、まったりはこの日の午前中のみで終わってしまったのですが、、(笑)
ミレニアヒルトンの船着き場はとってもキレイ。
クルーズ1

チャオプラヤ川沿いのホテルは独自の船着き場が殆どあります。と同時に右か左を向けば、Publicの船着き場もすぐにあります。来た船に乗り、先ずは対岸へ。
クルーズ2

着いた先はSi Phraya。ヒルトンの目の前。ワットアルンに船で行こうとすると乗換です。船着き場を出るとRiver Cityというショップモールがあり。横目で見ながら、Sheraton Hotelを通り過ぎ、Si Phrayaの乗船場を目指します。徒歩3分くらい。
クルーズ3

コテコテ?な乗り場です(笑)
クルーズ4

船乗り場で、次の船を待っている間、ぼ〜っとバンコクらしさを更に感じてました。
クルーズ5

最初に来た、オレンジラインに乗り、、
クルーズ6

ワットアルンが見えてきて、少し興奮。こ〜んなに、まったり感たっぷりなのでヒルトンから1時間弱かかって、やっと到着です。時間がない方には、船の移動はオススメできません。
クルーズ7

ところで、乗船料は、船内で支払う・乗る前に窓口で支払うの両方がありました。法則があるのかも知れませんが、そこまで把握できませんでした(笑)
クルーズ8

『船から見るだけで満足だったのに、観光しちゃいますか〜?』
ワットアルンで大はしゃぎ、、は次回に。


タイ (いい旅・街歩き)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ミレニアムヒルトンバンコクのプール バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

朝食を終え、先ず向かったのはプール。今回の旅では、ミレニアムヒルトンバンコク、ヒルトンスクンビット、コンラッドバンコクの3ヵ所のホテルをまわったのですが、プールに関して言えば、このミレニアムヒルトンバンコクのプールが郡を抜いて良かったです。何時間いても飽きそうにありません。まったりスペース満載です。
プール1

ちょっとした砂浜?もあります。娘、大喜び(笑)
プール2

眺めも最高!
プール3

おまけに足裏マッサージ?痛過ぎて全く歩けませんでした(笑)
プール4

この大木は、プールではなく、ボート乗り場に行く途中にあったもの。信仰心に心温まります。
プール5

深夜にチェックインし、午前中ちょっと滞在しただけのミレニアムヒルトンバンコクでした。
『さ〜て、ちょっとお船に乗ろう〜』続きは次回です。


LCCで行くぶらり格安世界の旅 (PHPビジュアル実用BOOKS)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ミレニアムヒルトンバンコクでの朝食 バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

ミレニアムヒルトンバンコク。夫に『朝食はラウンジで?』と言われましたが『レストランFLOW良かったわ〜』の情報をいただいていたのでそちらに行く事に。バンコクらしく、とても良かったです。
バンコクの一般家庭では、余りクリスマスを祝う事はないようですが、今の時期どこに行っても飾りはありました。
朝食1

パンコーナー。これも一部です(笑)
朝食2

勿論洋食もたくさんありましたが、この鍋を開ける瞬間が、微妙に好きです。
朝食3

迷いに迷って、私がいただいたもの。結局いつもと変わりありません。
朝食4

とは言え、美味しい!第2弾もいただきました。タイの食事は、とにかく口に合います。
朝食5

FLOWは、オープンテラスもあります。チャオプラヤ川を眺めながら、勝手な妄想で『Theバンコク〜』にひたります(笑)
朝食6

『プールに行こうか〜』は次回です。

キレイを叶える週末バンコク (BOOKS)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ミレニアムヒルトンバンコクのお部屋 バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

バンコク・スワンナプーム国際空港に深夜12時前、無事到着した我が家。『時間がかかるかも〜』の入国審査も10分足らずで済み一安心。両替後(成田空港のレートが悪すぎるので)『Public Taxi』の看板をひたすら追いながら、タクシー乗り場へ。たまたま運が良かっただけかも知れませんが、ミレニアムヒルトンバンコク迄、メーターで走り高速代等込みで480バーツ(交渉は全くせず)時間は、、飛行機を降りた時からホテルまで1時間くらいでした。
ミレニアムヒルトンのロビー。
部屋1

翌朝、上からロビーを撮ってみました。吹き抜けが、とっても嬉しい。
部屋7

お部屋。広さは充分。
部屋2

部屋3

バスルームも広々。
部屋4

お部屋のアロマのサービスが、驚きのある嬉しさでした。夫や娘は?顔でしたが、私は大好き。
部屋5

『朝よ〜。朝食に行こう〜』は次回です。

ホテルバンコクにようこそ (双葉文庫)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

成田空港デルタスカイクラブラウンジ バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

ギャレット ポップコーンを堪能した後は、成田空港へ。チェックイン後は、デルタスカイクラブラウンジへ行く事に。『デルタ航空ゴールドメダリオンで楽しむ〜』は今回の旅の目的の1つです。しかし〜、、3人家族の我が家。『同伴者様迄のみ無料で。あとのお一人様は$25お支払いいただきます〜』1人だけKALラウンジにでも〜、、と思いましたが、それも寂しい。『ハイ、わかりました〜』
成田→バンコク間で享受出来たのは、ラウンジ2人分・優先チェックイン・搭乗・荷物。エコノミーの壁前の席。でした。帰りは『デルタさん、ありがとう〜』くらいのサービスを受ける事が出来たので、チェックインの空港や、人によって変わってくるものだと思いました。

デルタスカイクラブラウンジ内部。とにかくガラガラ。こんなに広いのに勿体ない、とさえ思ってしまう程。
デルタ1

ほどほどに、おつまみがあります。
デルタ2

先ずは『かんぱ〜い』
ラウンジでまったりは、夫が極楽の時。娘も『わ〜い、wifiが飛んでる〜』と楽しそう(笑)私は相変わらず『お化粧品買ってくるね〜』です。
デルタ3

『さて、食べましょ〜』お粥が美味しい。
デルタ4

ラウンジからの眺め。
デルタ5

バンコク着いたね。ホテルに行こう、、編は次回に。

成田空港 (日本のエアポート02)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ギャレットポップコーン 酒々井プレミアムアウトレット店

都内から成田空港に行く途中にある酒々井プレミアムアウトレット。早めに家を出、気になっていたギャレットポップコーンに寄る事に。夏に来た時は『2時間待ちで〜す』で諦め。今回は、冬の平日だからすぐに買えるにちがいない〜、、が、それでも20分待ち。まだまだ人気は衰える事なさそうです。
バンコク2

注文すると、試食がいただけます。1粒1粒がきちんと大きいのが嬉しい。
バンコク3

缶は10日間大丈夫だったので、思わず購入を。
バンコク4

ところで、バンコクのサイアムパラゴン内(スタバ近く)にも、お店ができるようです。私の中で旬だったので、思わずパチリ。
バンコク5

寄り道後、成田空港で車を預け、チェックイン→ラウンジへ。続きは次回です。

千葉Walker (ウォーカー) 2013年 12/22号 [雑誌]


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

2013年冬、バンコク旅行の目次です。

バンコク1昨夜帰ってきました。『まったり、ゆっくり〜』が目標だったバンコク旅行のはずが、、かなりディープなものになってしまい、、笑い連続の旅となりました。勿論、、体重も増えました(笑)
写真を撮った順に書いていきます。書いたものからリンク貼っていく予定です。


ギャレットポップコーン酒々井プレミアムアウトレット店
デルタスカイクラブラウンジ
●ミレニアムヒルトンバンコク (○お部屋 ○朝食 ◦プール)
チャオプラヤー川クルーズでワットアルンへ
ワットアルンで大はしゃぎ
マンダリンオリエンタルホテルでお茶タイム
ブルーエレファントでのランチ
●コンラッドバンコク (○お部屋 ○プール ◦ラウンジでのティータイム ◦ラウンジの朝食)
海鮮レストランでの夕食
二次会?のディナークルーズ
●アユタヤ (○バンパイン宮殿 ○ワットヤイチャイモンコン ○スペースバスツアーのタイ料理ランチ ○ワットプラマハタート ○象乗りで大興奮 ○ワットプラシーサンペット)
●ヒルトンスクンビットバンコク (○お部屋 ○ラウンジのカクテルタイム ○プール ○Scaliniの朝食 ○ラウンジの朝食 ○設備)
バニラスパでのオイルマッサージと街のフットマッサージ
ワットプラケオ&王宮
MBK
サイアムパラゴンでのランチ
バンコクでプリクラですか〜?
海鮮中華の夕飯
アジアハーブアソシエイションでのフェイシャルとオイルマッサージ
デルタ航空のサービス
CIPラウンジ


バンコク (ララチッタ)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

今日からバンコク行ってきます。

バンコク今夜からバンコクに行ってきます。
初めてのバンコクなのに、年末の忙しさ??殆ど事前学習もないまま出発の日となってしまいました。ヨーロッパ旅行では、分単位のスケジュールになってしまうのに、今回の手書きの予定表は空白だらけ(笑)
メインと言えば、バンコクのヒルトン3件のはしご?かしら。夫には『ホテルの移動だけで面倒〜』と言われたものの、このくらい楽しみがあってもいいかな、と。他の予約済は、、マッサージ2回。あとのマッサージはコンシェルジュに相談だわ!そして、観光バス1日。何故かこれだけ。団体行動の出来ない体質の我が家なので、観光バスは無理。タクシーのチャーターでアユタヤへ、、と考えましたが、事前学習を全くしていない、、『今回はガイドさんの声に頼りたい〜』ホテルまでの送迎付きバスを見つけたので、1日予約を。ただ、とてつもなく格安の観光バス。『何事も起こりませんように〜』と祈るだけです(笑)
さてさて、どんな旅になるのか、私も見当がつきません。マイペースに、ゆっくりしてくるつもりです。デモ情報に注意しながらですが、、
1週間弱、ブログもお休みですが、帰国後すぐにバンコク旅行の報告をしていければ、、と思っています。当初の予定では、出発迄にイギリス旅行記を終えたかったのですが、4分1くらい残す事になってしまいました(涙)イギリス旅行の続きはバンコク旅行の報告ブログ終了してからとなりそうです。

バンコク (ララチッタ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
1日1回のポチしていただけたら嬉しいです。とっても励みになります♡

ヒルトン ヨーク『朝食と周辺のお散歩』 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

ゴーストウォーク?で終わったヨークの初日。次の日の朝は、先ずはヒルトンヨーク周辺のお散歩です。
早朝すぎて、人影もないヨークの街。町並みが美しい。空も青い!
朝食4

旧市街の中は、どこも整備されており、気持ちがいいです。
朝食5

リバーサイドウオークの標識に沿って降りてみると、、鳥がいっぱい寝ていました(笑)
yo-ku

ちょっと歩くと、こんなのを発見。列を作って歩いています。ここまで立派な列は始めて見ました。
朝食7

こんなところからも大聖堂が見えます。
朝食6

清々しい散歩の後は、ヒルトンヨークでの朝食です。清潔感一杯のレストランでした。
朝食2

私がいただいたもの。
『卵食べない〜?どんな作り方でもするわよ〜』元気の良いスタッフばかりです(笑)でも、、食べませんでした。ごめんなさい。
朝食1

次の日にいただいたもの。余り変わり映えしません。
朝食3

朝食の後は、今回のイギリス旅行最大の目的『オリエント急行日帰りの旅』いよいよ向かいます。続きは次回に。(スミマセン、、来年になりそうです)


A02 地球の歩き方 イギリス 2013~2014 (ガイドブック)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

カフェ『M PLANET』で、ネネーとランチ

ここは大森駅から徒歩5分くらいにある、カフェM・PLANET.(ジャーマン通り沿い)住所は、東京都大田区山王1-42-13寺内ビル1F. 電話03-6417-1286.
天気も良いので、ネネーと途中だっこしながらのロングのお散歩です。ワンコ用のフードはありませんが、一緒に入れるだけで嬉しいです。
山王1

ランチも割と充実。
山王7

店内。夜は飲み、に適しているようです。
山王4

ネネー用のお水とビーフジャーキーがいただけます。
山王2

ランチについてくる、スープとサラダ。
山王3

私はホットサンド。量があります。
山王5

夫の頼んだ、ハヤシライス。ゆっくりとできました。勿論、お茶だけでもOK。こんなお店があると、お散歩も楽しくなります。
山王6


るるぶペットとおでかけ首都圏から'13~'14 (目的シリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヨーク『ゴーストウオークって、きもだめしではないの〜?』 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

フィッシュ&チップスメインの楽しい夕飯の後、、娘の目論見通り?にゴーストウオークGhost Walk、、来てしまいました。
事前にヨークでレストラン探しをしていた時も『なんと、、このレストラン、おばけが出るんですよ〜』が売りのお店がやけに目立ち、、何となく『ヨークってそういう街なのね〜』と、わかっていたものの、、
ゴースト1

このおじさまが、このツアー?を盛り上げてくれます。
最初、細い路地に連れていかれ『さ〜、大人£10子供£5、先ずは払って〜』『私の写真撮りたかったら、更に£5払ってよ〜』←勿論冗談。全員払ったところで『では終了です〜』と盛り上げるところ迄は良かったのですが、、
ゴースト2

ヨーク大聖堂の方に向かって歩いて行くと、、どうも同じ様なツアーの集団に合うと『私が、本家本元だ〜』と言い、、
ゴースト3

大聖堂横のナショナルトラスト管轄のTreasures Houseの前では、怖〜い声で『ここは、ローマ軍の兵士達が夜になると行進するのを見た人がいるんだよ〜』と延々、、、
『英語を理解するのが必死で、怖さが伝わってこないんですけどぉ〜、、』
ゴースト4

『ここは、ヨークで一番古い教会の建物、、、』
『あの〜、私達だけじゃなくて、、皆あくびはじめましたよ〜、、』一緒のツアーに居た方々の2割くらいしか真剣に聞いてない、、、
ゴースト5

何件か連れて行かれ、説明を毎回10分以上。最後にこのレストラン。
『ここのレストランのトイレには、女の子の幽霊が住んでいて〜、、、』『ハイハイわかりました』『私とお友達になりなかったら、毎晩このレストランで飲んでるから来てね〜、、』『ハイハイ、、』と見事に楽しく終了したのでした。90分くらいのツアーでした。何事も経験?
ゴースト6

こうしてヨークの夜がふけていきました。めでたし。
『さ〜、朝の散歩をするわよ〜』続きは、次回です。


幽霊のいる英国史 (集英社新書) この本を読んでからゴーストウオークに参加したら、もっと楽しめた、、と思いました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

トイプードルのピッピ『遊びにきたよ〜』

『や〜、ネネー遊びに来てあげたよ〜』と言いたげなトイプーのピッピです。今日は、ピッピの気持ちを代弁して書いていこうと思います。
ピッピ2

『あれれ?何故私が、ネネーのゲージに入れられちゃうの〜?ネネー、面白そうに見てるんじゃないわよ〜』
ピッピ1

『腹立つから、ふて寝っちゃお〜』
ピッピ3

『さっきネネー笑ってたから、仕返し!ネネーの一番大事なかえるちゃん占領だぁ〜』
ピッピ4

ピッピ、いつも遊びに来てくれてありがとう(笑)


トーイ・プードル (2014年版大判カレンダー)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヨーク『フィッシュ&チップスでの夕食』 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

ベティーズでお買い物をした後は、お夕飯。『どこかないかしら〜』と事前に調べてもイマイチ。『ここのレストランでは、幽霊が出てくるんだよ〜』が売りのお店が目立ち、、、
『ブラブラしながら適当に入ろう。なければ無難にホテルで〜』と気楽に考えながら帰路に。大聖堂やベティーズから徒歩数分のところで、ふと娘が『イギリスに来てから、まだフィッシュ&チップス食べてないね〜』と、この店の前で立ち止まったので、入る事に。大正解でした。
フィッシュ1

『Drakes Fish&Chip Restaurant』住所は、97Low Petergate York.
電話は、01904624788
フィッシュ6

テイクアウト出来る正面から、奥に入ると、こんな感じ。『築何百年??』と思う程、天井曲がり、当たり前(笑)『シャンブルズも入れば、こんな感じだろうね〜』会話がはずみます。よくよく考えてみると、このレストランも『うらめしや〜』っと誰かが出てきてもおかしくなさそう(笑)
フィッシュ2

先ずは、飾り気のないパン。でも柔らかくて美味しい。
フィッシュ3

野菜も新鮮!エビのフライも大ぶりでたっぷり。
フィッシュ4

巨大なフィッシュ&チップス。中身大きい!揚げたて。大満足です。『今夜は失敗しなかったね〜』
フィッシュ5

ところで食事が終わった後、娘が路上にあったチラシを皆に見せて『後で行かない〜?』
フィッシュ7

『これ、きもだめしじゃないの??ここでないと、味わえそうもないから、行ってみる?』と夫。続きは次回。


ホントはおいしいイギリス料理


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『ヴァイキング』を読んで

本『この本読むと、ワーグナーの世界がよくわかるよ〜』と娘から勧められた本。
『ヴァイキング 海の王とその神話』内容は、ヴァイキングと呼ばれた古代スカンジナビア人について書いたもの。『ヴァイキングって、こわ〜い海賊だと思っていたけど、全然違うわ〜』コロンブスの前に、アメリカ大陸に行き、、すんごい民族だったとよくわかりました。
娘の言うワーグナーの世界は、彼らの信仰していた神々の神話の世界の事。
世の中、知らない事多すぎ、知っていればいる程、楽しみ倍増なんだと改めて思いました(笑)
この本を読んでから、ヨークのヨーヴィックヴァイキングセンター(←過去記事のリンク貼ってあります)に行ったら、もっともっと面白かったのにな、と後悔した本となってしまいました。
ところで、、こんなに雑学いっぱいの本なのに、私の頭に残り続けている一文。『太ると馬に乗れないと困るヴァイキングの人々は、ジャンプをしてダイエットしていた、、』最近、夜寝る前のストレッチにジャンプも入れてみたところ、増え続けていた体重が下がり気味に。こちらの分野も案外ストレートな方法の方が効果があるのかも知れません(笑)


ヴァイキング―海の王とその神話 (「知の再発見」双書)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヨーク『ベティーズは大人気?』 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

ヨーク大聖堂見学の後向かったのは、ベティーズBettysというアフタヌーンティーで有名なお店です。『ヨーク・レストラン』で検索すると、必ず上位に出ており、気になって仕方ありませんでした。住所は6-8 st Helens Square York 電話01904-659142
ヨークには何店舗かあるらしいのですが『ロンドンには支店を出さな〜い』が売り?で、ヨークで大人気、行列ができるそう。夕飯に近い時間だったので、アフタヌーンティーは諦めたものの、物色する事に。
ベティーズ1

この店舗では、2階がカフェ、1階がお店。紅茶、ジャム。その他、パンやサンドイッチも売ってます。
私達の前にレジに並んで方々、、皆さん大量買い。
ベティーズ2

娘と一番目についたベティーズチョコ。『デメルみたい〜』(デメルの舌チョコより高価でした、、)
ベティーズ3

ベティーズで買ったもの。残念ながら、チョコはデメルの方が我が家向きでした。
ベティーズ4

ベティーズの目の前のお店は『魔法使いのグッズ屋さん??』
ベティーズ5

娘に『絶対、箒は買わないわよ〜』と言ったものの、閉店してました(笑)
ベティーズ6

『お腹すいたから、夕飯よ〜』次回です。


はじめての英国風コンテナガーデニング


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

鎌倉『こ寿々』のわらび餅

2013年国内旅行の目次(←こちらをクリックしていただければリンク貼ってあります)

山を降り、まだ余力があったので、鎌倉駅迄徒歩で。途中『おやおや、、ここは絶対美味しいよ〜』と思われる門構え?の、お店発見。京都によくある『うちの店は、1品しか作ってないんです!』そんなお店に目がない私です。
わらび1

『こ寿々わらび餅蔵』住所は、神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-3-25 電話0467-25-2182
帰ってから調べてみると、鎌倉で有名なおそば屋さんでのようでした。
もう少し鎌倉寄りの同じ道沿いには、わらび餅をいただける甘味処もあり。この日はネネーも一緒だったので入れませんが。
わらび3

勿論、置いてあるものは『わらび餅』のみ。ここでは、販売のみです。
わらび2

家でいただく、わらび餅としては過去最高でした。つるんと弾力があって、甘さ控えめ。美味しかったです。
ただ、吉田屋(←リンク貼ってあります)の店内でいただく、まだ生温い感じの作り立て〜、、の美味しさとは微妙に違います。わらび餅は、その場でいただくのが一番なんだと学習。次回鎌倉に行く事があればチャレンジしたいと思います。
わらび4


和菓子の技術―基本と名店・人気店の技術 (旭屋出版MOOK)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヨーク大聖堂『大きすぎます!』 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

シャンブルズを堪能?した後は、ヨーク大聖堂York Minsterに。
今年の夏に話題になった、リチャード3世の遺骨発見。再埋葬をどこに?、、裁判中のようですが、ヨーク大聖堂に戻ってくるのか気になります。
大聖堂1

全貌を撮ろうとしても、大きすぎて、どんなに離れても、相当難しく、なかなか良い写真が撮れません。全容の銅板?があったのでパチリ。
イギリス旅行の出発前には『ケンフォレットの大聖堂ごっこもしたいな〜』と思っていたのですが、ここまで来て、イギリスにおける大聖堂の存在が外見だけでも、良くわかった気がします。
大聖堂2

イギリス最大のゴシック様式。1220着工。1472年完成。内部は圧倒される美しさです。
大聖堂3

ステンドグラスは中世のもの。イギリス最大。
大聖堂4

大聖堂見学も終わり、お目当ての店・ベティーズを探している途中、いろいろな可愛いお店が並んでいました。クリスマスグッズ店に足を踏み入れると、、一番目についた『ヴァイオリンを持つサンタさん』
大聖堂5

ローストばかりの、専門店もあります。
大聖堂6

『早くベティーズに行かなきゃ閉まっちゃう〜』続きは次回に。


A02 地球の歩き方 イギリス 2013~2014 (ガイドブック)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

大井町『萬来園』幸せになれる?チャーハン(ランチ)

ここは大井町にある『萬来園』住所は、東京都品川区東大井5-6-8 TEL 03-3450-5667 JR大井町駅から徒歩5分くらい。『エビチャーハンを食べて、幸せ気分を味わいたい〜』時に行く店です。
高級感がある感じでもないのですが、夜は予約制、1人2万以上??というお店なので、もっぱらランチのみに行っています。
万来1

ランチ時の店内。
万来5

ランチのメニューはこれだけ。
万来2

大好きなエビチャーハン。大きなエビがゴロゴロ入っています。とても上品な味で、さっぱりといけます。食べて『幸せ〜』と感じさせてくれるお店って、なかなかないです。
万来3

夫の頼んだ『豚肉焼きそば』こちらも、とっても美味しいようです。
わざわざ足を運ぶ価値のある、ランチです(笑)
万来4


ぴあ品川大崎大井町五反田食本 2013―ランチ・カフェ・ディナー・手みやげおいしいお店20 (ぴあMOOK)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヨーク『シャンブルズって??』イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければリンク貼ってあります。

ヨーヴィックヴァイキングセンターを出た後は、歩いて数分のシャンブルズへ。
ヨークの城壁内は、至る所にこ〜んな看板があり、とても歩き易いです。
シャン1

看板に沿って行くと、シャンブルズThe Shamblesに到着。
『何それ〜?』1086年征服王ウィリアム1世が行った、検地台帳に記載されたまま、今もそのまま残っている唯一の通り、、だそうです(笑)保存状態良すぎます。
100Mくらい?1回通れば『ハイ、わかりました〜』という感じでしょうか(笑)
シャン2

通りが狭い!空を見上げると、、屋根の部分は人1人通れますか〜?くらいの狭さ。家も真っすぐに立っていません。斜め、、カーブ当たり前(笑)
ここの通り、現在は、ほとんどがお土産物屋さん。ハリーポッターのダイアゴン横町のモデルとも言われています。夕方だったので、この位の人出で済みましたが、昼間はごった返しているようです。
シャン3

ここは35番地。セントマーガレットクリザロウの聖堂。お向かいの家の端まで行って、やっとこの写真が撮れたほどの道の狭さでした。
シャン4

『うねってます』が良くわかる家、発見!
写真は、シャンブルズの通りではないのですが。ヨークの城壁内、ちょっと歩くと、こ〜んな建物ばかりでした。
シャン5

『そのまま真っすぐ歩けば、ヨーク大聖堂よ〜』続きは次回です。


図説 イギリスの歴史 (ふくろうの本)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
ヒルトンの予約

一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村