日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

ミニピンネネー 『海、嫌い〜』

何かをじっと見つめるネネー。
『もしかして、、ここお散歩するの〜?』お天気が良いので、お台場海浜公園にやってきました。
以前、初めての海で、いきなりザブ〜ンと波がかかって以来、海嫌いのネネー。
ネネー1

『これ以上、絶対に海に近づきたくないよ〜。無理矢理ここまで連れてこられたけど、、楽しくない、、』と寂しそうな後ろ姿。
ネネー2

どんなお顔をしているのかと覗くと、こんな顔(笑)
ネネー3

『波もきらい!砂浜も歩きにくくて、きらい!早く帰ろうよ〜』な、ネネーさんでした。
ネネー4


ミニチュア・ピンシャー・ファン―スレンダーなボディに秘めた、ビッグなパワーが炸裂! (SEIBUNDO Mook)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

源氏物語須磨の旅『小さい、、関守稲荷!』

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

須磨寺から向かったのは『関守稲荷神社』光源氏が己の日祓いをした、別名『己の日祓稲荷』そこまで言われているなら、行くしかない(笑)住所は兵庫県神戸市須磨区関守町1-3
須磨寺からナビで関守稲荷を入れた時『ひったくりが多いので注意しましょう〜』とナビが言い、、更に、これからレンタカーで行かれる方がいらしたら、本当に気をつけて下さい『関守稲荷まで車で行こうとしないで!道が狭すぎるんです!』運転手だった夫は、関守稲荷前後から無言の怒りに転じてました(涙)
とは言え、とっても小ぶりながら、見応えありました。
源氏稲荷1
源氏稲荷2
源氏稲荷3

百人一首「淡路島かよふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守」の碑。う〜ん、嬉しい。
源氏稲荷4

須磨の関(678~789年に存在したらしい)跡の標石もあり。
源氏稲荷5

こんなプレートもありました。
源氏稲荷6

『次はどこ?』(夫の怒り声)『は〜い、現光寺。別名、源氏寺よ〜』続きは次回です。


源氏物語を歩く旅 (エイムック (1548))


↓1日1回クリックしていただければ、嬉しいです♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

源氏物語須磨の旅『須磨寺、見応えありすぎます!』

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

『須磨でオススメの場所は〜?』と聞かれたら、即『須磨寺!』と答えられる程、歴史を感じさせられ、、中身が濃く、見応えある須磨寺でした。「源氏ゆかりの桜がある〜」と訪れた須磨寺。本来の須磨寺は『源平ゆかりの寺』として有名らしく、昔から大勢の人が訪れたようで、句碑がたくさんありました。境内広い!宝探しのように面白い!
住所は、兵庫県神戸市須磨区須磨寺町 電話078-731-0416
須磨寺

源義経が腰掛けたと言われる、大きな松。
須磨寺2
須磨寺3

「横笛の笛」歌碑。
須磨寺4

ここは「書院」
須磨寺5

書院内にある、真鍋豊平歌碑「ひとすじに心こめたることなれば千代のしらべもたえじとぞおもふ」
須磨寺6

書院内にある、芭蕉句碑「須磨寺やふかぬ笛きく木下闇」
この他、子規、蕪村も。
須磨寺7

敦盛のこんなものも、、
須磨寺9
須磨寺10

ところで『源氏ゆかりの桜は?』スミマセン!わかりませんでした(笑)
最後に、須磨寺の御朱印状です。
須磨寺

『次は関守稲荷に行きま〜す』続きは次回に。


源氏物語 (「古典の旅」)

↓1日1回クリックしていただけると、とっても励みになります♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

「神戸迎賓館 邸宅レストラン ル・アン」大満足のランチの内容は〜?

前回までのお話は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

お庭や建物内の報告の後は、ランチです。旧西尾邸「神戸迎賓館 邸宅レストラン ル・アン」勿論美味しい〜は言う迄もありませんが、とにかく気の利いたサービスには『また来ます〜』と堂々と言えました。←訳は後ほど(笑)
ランチ9

先ず、食前酒 カクテル「須磨の夕暮れ」から。
ランチ1
ランチ2
ランチ3

ブイヤベース味になっています。
ランチ4
ランチ5

デザート。ここで問題発生?娘が『バニラアイスもケーキも、、ダメなんだ』とブツブツ言っているのがお店の方に聞こえてしまったようで、、『シェフと相談して、変わりのものをお持ちします。こちらは、皆さんで召し上がってください』←無料です(笑)
ランチ6

娘用に作っていただいたデザート。
ランチ7

更には『本日は何かの記念日ですか?』『えっ?ハイ、結婚記念日で〜』←日にちは経ってますが(笑)
何故か、、お祝いまでしていただきました。至れり尽くせりとは、この事ね。ありがたい気分満載なレストランでした。
ランチ8

『とっても嬉しいレストランだったね。源氏物語ごっこ再開よ。次は須磨寺』続きは次回です。

さすがといわせる神戸選抜グルメ 2014


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

旧西尾邸「神戸迎賓館 邸宅レストラン ル・アン」とは?

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

『お昼食べよう〜』と、明石から向かったのは、旧西尾邸「神戸迎賓館 邸宅レストラン ル・アン」住所は、兵庫県神戸市須磨区離宮西町2-4-1 電話078-739-7600 須磨でのランチの場所、ジェームス邸と旧西尾邸、どちらにするか最後まで迷いましたが、お庭や建物内を見学できる〜、という事で、ルアンに決定。このルアンの建物、旧西尾邸は『大正時代の迎賓館』と呼ばれた場所。久しぶりに、上質なサービス、居心地の良いレストランに出会った、と思う程気に入りました。
先ずは見学内容からの報告です。建物は『華麗なる一族』のモデルと言われている邸宅の設計士と同じ方の設計だそう。庭園内の茶室等含め、兵庫県の指定文化財。
立派な門を入り、車を停め、少し歩くと建物が見えてきました。
ルアン11

入口には、きちんとお店の方が待っていてくれます。
ルアン2

中に入ると、早速大正ロマンの香りがむんむん。
ルアン3

お店の方にお願いすれば、建物内を案内してくれます。ほんの一部を紹介します。
ここは2階にある宴会場?元々は和室だったようで、床やらが残っており、昔を忍ぶ事ができます。
ルアン4

天井もすんごく贅沢。
ルアン5

バルコニー。
ルアン9

バルコニーから見る庭園。『昔は、ずっと向こうまで敷地だったんですよ〜』
ルアン10

さてさて、庭園。約2900坪。山との形成式庭園。素敵です。贅の限りが良くわかります。
ルアン6
ルアン8
ルアン7

普段口うるさい母も、今回の旅で一番気に入った〜と言ってくれた「神戸迎賓館邸宅レストラン ル・アン」ランチの内容は次回です。


神戸 評判のうまい店300軒 2013年版 (SEIBIDO MOOK)


↓1日1回応援クリックしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『明石焼き きむらや』で本場を味わってみました。

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

以前『京都で食べる明石焼は、明石の明石焼とは違う』と友人に聞かされた言葉が、ずっと脳裏に焼き付いていた私。『東京じゃなくて、京都でも違うの〜?』それ以来、私の小さな夢の1つになっていた『明石で本場の明石焼を食べたい〜』娘に源氏物語の旅、をせがまれた時『やっと明石焼の夢が叶うかも〜』と内心ニヤニヤ。
やって来たのは、有名そうな所、本家きむらやへ。住所は兵庫県明石市鍛冶屋町5-23 電話078-911-8320
明石焼1

店内のレトロな感じが、期待を募らせます。『うちは、場所を変えながら、100年くらいやってます』と、お店の方。食べ方やら、いろんな話をしてくれる気さくさも好感が持てました。
明石焼2
明石焼4
明石焼7

明石のタコです。箸で割れる程、柔らかく煮てありました。美味しい!
明石焼3

やってきました。明石焼さん。アツアツで、美味しい〜♡
ところで、我が家は4人で20個をいただきましたが、皆1人で20個をいただいてました。
明石焼6

食べ方は、お汁につける(汁の中に唐辛子を入れてもよい)、お塩で、、等あるようです。私はお汁につけて〜が一番好きでした。ふと考えると『京都や東京でも、あまり明石焼食べないから、元々味の違いはわからないな〜』ですが、大満足でした(笑)
明石焼5

食べ物の力はすごい。家族全員元気に。『次は〜、明石海峡大橋を見ながら須磨に行こう。お楽しみの迎賓館、ルアンでのランチよ〜』続きは次回です。


さすがといわせる神戸選抜グルメ 2014


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

源氏物語、明石の旅『善楽寺も無量光寺の続きだね〜』

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

源氏物語、明石の旅。無量光寺に続き『入道浜館跡の碑、浜の松』が残る、善楽寺戒光院へ。兵庫県明石市大観町11-8
架空の人物に対して、これだけの史跡が各地にあるのは、平安時代からずっと愛され続けてきた、源氏物語だからこそ、だと思うとなかなか面白い。
善楽1

本堂。
善楽2
善楽3

『浜の松』の下にある石碑は、明石城主、松平忠国が建てたそう『光源氏古跡 明石之浦之濱之松』
どの時代も熱狂的なファンがいらしたんだ、と理解すればいいのかしら〜。
善楽5

平清盛の供養塔もあったので、思わずパチリ。歴史の重みのある土地です。
善楽4

善楽寺内にある円珠院。『あの宮本武蔵が作庭したそうよ〜』枯山水の庭園、、とありますが、、お水も抜いてあったせいか、ピンと来ないのが残念です。
善楽6
善楽7

『誰もいないから御朱印状、お願いできない』と娘。
家族の顔を見ると、空気の重い感じが。旅のコーディネーターは大変です(笑)『ちょっと遠回りになるけど、本場の明石焼食べに行こう〜』次回です。

源氏物語を歩く (楽学ブックス―文学歴史)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

源氏物語の旅、明石『無量光寺で、源氏を想うのはムズカシイ〜』

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

『源氏物語の旅』品川から新幹線、西明石駅を降り、レンタカーで先ず向かったのは『光源氏の月見寺』と呼ばれる、無量光寺。兵庫県明石市大観町10-11
『入道が光源氏に提供した屋敷跡』と言われていますが、訪れてみても想像力に相当欠ける。海に程近いこの場所やら、いろんな事を総合しないと、なかなか感激がわきません。
旅を終えてみて『先ずは、京都や宇治を訪れた後、来るべきだった〜』と反省。
無量1
無量2

無量光寺の境内にある『源氏稲荷大明神』
無量3
無量4

門前横にある『蔦の細道』光源氏が、明石の君に逢う為に通った道のモデル、と言われています。
2~30mくらいの細道でしょうか。突き当たりは、車道。
『平成の世に、想像するにはムズカシイ〜』
無量5
無量6
無量7

無量光寺の御朱印状は〜?
無量8

御朱印状を戴け、少しテンションの上がった我が家。
『とりあえず隣にある、善楽寺に行ってみよう。入道浜館跡の碑があるらしい〜』続きは次回です。


源氏物語を歩く (楽学ブックス―文学歴史)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

京都、源氏物語の旅『大覚寺、一番良かった〜』

源氏物語の旅は、2014年国内旅行の目次・3月からどうぞ←リンク貼ってあります。

春の国内旅行『関西、源氏物語の旅』行ってきました。3分の2くらいの日程をこなすのがやっとでした(笑)京都は数年に1度は訪れる場所ですが、テーマを持って行くと、感じ方が全く変わってくるのが不思議。源氏物語を少しかじったせいか?頭の中がすぐに『平安の昔〜』と想像するだけで、とても面白かったです。丹念に調べて行ったつもりのレストラン等も、とても記事には出来ない〜、、数ありました(笑)
目次を書きながら、最初に書きたくなってしまったのが、一番印象に残った『大覚寺』から。何故?『京都の洗礼された、お寺の良さが凝縮している、、その代表格だ〜』と。元々が、平安時代、嵯峨天皇の離宮が寺になり、現在は真言宗大覚寺派大本山。こんな歴史も手伝っているのかも知れません。そして、重要文化財もごろごろ(笑)最後に『これだけ、広大な所なのに、庭も建物も、余りにも掃除が行き届きすぎ〜』その努力も想像しただけで、凄いです。
大覚寺2
大覚寺3
大覚寺4

狩野派の『緑』至る所で堪能できます。
大覚寺5

建物と庭園。計算され尽くした調和に、うっとり。
大覚寺6
大覚寺7

さてさて、『源氏物語の旅』のメイン、大沢池。
1000年も前の平安時代に、貴族達のお遊びで、これだけの人工池を造ったとは、、ビックリすぎます。優雅に船を浮かべて〜、中秋の名月を楽しみ〜、、日本の雅って、半端じゃありません(笑)
大覚寺10
大覚寺8

ここを歩くと、高貴な人になった気分に(笑)
大覚寺9

最後に『御朱印帳を〜』
大覚寺11

次回からは、いつものように『写真を撮った順に〜』最初の明石からです(笑)

源氏物語を歩く (楽学ブックス―文学歴史)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『俺のフレンチ・イタリアン青山』行ってきました

前々から訪れたかった、俺のフレンチ・イタリアンAOYAMAに、友人が店頭に出向いてまで、予約を取ってくれたので、ワクワクしながら行ってきました。会計後に『次回の予約』を取る事が出来るのは、ありがたいサービスです。住所は東京都港区北青山3-11-7 Ao1階 電話03-6450-5911
これほど話題になるだけの事はあります。『こだわりがわかる美味しいさ!安い!』そして『量も多い』でした。ここは、大人数でワイワイ行くお店だと実感。今回、友人と2人で行ったので「もう、食べられません〜。頼みすぎました」状態に。

『予約時間に間に合わないとキャンセルされるわよ』10分前に到着。
入場前?には『このシャンパンは〜迄限定でこのお値段、、、』等々、ちょっとしたパフォーマンス?が。お店のコンセプトを知らないと?状態になります(笑)
俺1

この店内が、あっと言う間に、人でいっぱいになりました。
お店の方も、皆テキパキ、明るい。好印象です。
俺2

さてさて、お食事の始まり。制限時間(笑)は2時間。メニューを見て、余りにの安さに、どんどん注文。←これが大失敗。
俺3

美味しい!たまりません。
俺4
俺5

『わ〜い、フォアグラ付のステーキだぁ〜』2口くらいまでは、ありがたくいただいていたのですが、、ここ迄くると『食べても、食べても減らないんです』状態に。
俺6
俺7

デザートは『俺の初恋物語』480円。名前に惹かれ、ついつい注文を。見た目もお味も良かったです。
もう少しお腹に余裕があれば、もっと嬉しかったかも(笑)
俺8


俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『歌舞伎座の気分を〜』一幕見席に行ってみました

ここは、銀座の歌舞伎座。歌舞伎座に来たのは何十年振りかしら?勿論、新しくなってからも初めて。勿論、歌舞伎の事は知識ナシです(笑)『一幕見席というのが、やけにリーズナブル。よくわからないし、それでいいね』一幕見席というのは、言葉の通り(笑)ここは、予約ができず、当日、先着順にチケットを購入でき、全て自由席。
『一幕見席の椅子席は90名迄だから、早めに行ってみよう〜』と、開演時間の1時間前に行ったのですが、既に長蛇の列。歌舞伎人気にビックリ。結局、立ち見となりました。
一幕見席。大体1000円前後。一幕見席で全て観ようとすれば4000円。4000円ならB席と同じ値段。ハイ、全部観るなら、最初からB席を購入した方が、席も確保できます(笑)
歌舞伎座1

一幕見席のチケットを購入すると、そのまま入場です。
歌舞伎座2

イヤホンガイドをお願いしなければ、何もわかりません(笑)
『イヤホンガイドさん〜、、もっと詳しく言ってくれてもいいんですよ〜』
歌舞伎座3

一幕見席からでも、舞台はしっかりと見えます。全くの初心者には、充分。
この日の演目は『鳳凰祭三月大歌舞伎』の一部分『曽我対面』伝統文化というのはどれも奥が深く、充分勉強するか、何度も訪れて、慣れていけばいく程、楽しみも広がる事がよくわかりました。
当たり前ですが、、クラッシックのコンサートとは、拍手のタイミングも何もかもが違います。観客のマナーも初体験でき、面白みがありました。
歌舞伎座4

敷地内には、こんな神社も。
歌舞伎を観た事に興奮しすぎ、5階にある『歌舞伎座ギャラリー』を忘れてました。次回訪れなきゃ。
歌舞伎座5

さてさて、歌舞伎座の中では場外となりますが、地下2階も、お土産物・ちょっとした食事で楽しめます。
歌舞伎座6
歌舞伎座7
歌舞伎座8


NHKスペシャル 新生 歌舞伎座 ~檜舞台にかける男たち~ [DVD]

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ミニピンネネー  『何の芸も出来ないけど〜』

ネネーさん。何の芸も持たず、な〜んにも出来ませんが。娘との狂宴(笑)をしてみました。
ネネーの芸。ハイ『どんな所でも、座っていられま〜す』
娘の体操?に、ひたすら付き合う、ネネーです。
お見苦しいかとも思いますが、笑って許してください。
ネネー1

ネネー2

ネネー3

ネネー4

娘、ハアハアしながら大満足。ネネー『何だったの?』でした(笑)

ミニチュア・ピンシャーの悩みずばり解決!―『困った』が根本から治る!!


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン ローデ24のカプリース No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24

カプリースの目次←リンク貼ってあります。

先日のレッスン。カールフレッシュの速度『基本80以上。重音50以上』と指示を受け、娘、真っ青。
さてさて、どこまで近づく事ができるんでしょうか。

No.19
Ariosoの意味は歌うように〜。
ビブラートアクセントを考えて〜。弓たっぷり使って〜。
40~、力抜いて〜。

No.20
最初、勢いよく〜。
『ポジション移動』気をつけて〜。
音のつぶをはっきりさせて〜。

No.21
Tempo giustoは、正確に!の意味。リズムもね〜。

No.22
弓の真ん中で弾いてみて〜。

No.23
良い音とは〜、、『どの圧力・速さで弾くか探す→右手の操作→良い音となる』
四分音符で歌って〜。色彩が出るように〜。

No.24
重音、、切るくらいのつもりで〜。



24 Caprices for Solo Violin

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

銀座うかい亭『美味しすぎます』のランチ

ここは銀座うかい亭
お高いので、たま〜にしか来れませんが『絶対に裏切らない美味しさ』は、今回も健在でした(笑)
住所は東京都中央区銀座5-15-8 時事通信ビル 電話03-3544-5252
入口からしてワクワクさせてくれます。
うかい1

迷路のような店内を入って行くと、更にテンション上がります(笑)
うかい2

食器類は、マイセンを軸に、バカラ・クリストフル・リーデル、、有田焼のオンパレード。はい、大好きです。
普段、魚介を余り食べない娘もペロリ。『だって美味しいんだもん』子供の舌は正直すぎます。
うかい3

これは、大きなキノコの中に牛肉・フォアグラの詰め物が入っていました。残してくれてもいいのに、娘、コレもペロリ。
うかい4

お魚は〜、鉄板の上に昆布を敷いて、、この後蒸し焼きに。
うかい5

出来上がりがコレです。
うかい6

いよいよお肉さんの登場。
うかい7

『美味しすぎる〜』横を向くと、娘もペロリ。普段全然食べない子なのに(笑)
うかい8

締めはガーリックライスかおそうめんのチョイスです。
焼き担当?の方との会話も弾み『最近は芝のとうふ屋うかいが予約取れにくいんですよ〜』
うかい9

デザートは席を移動。デザートワゴンのサービスは平日のみなので、今回はありませんが充分。
夫の顔を見ながら(笑)美味しかったデス!また来たいです!
うかい10
うかい11
うかい12


保存版 銀座を極める!2013-14 グルメ&お買い物完全ガイド (アスペクトムック グルメ散歩シリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『源氏物語』の旅〜?初心者には大変です。

gennji.jpg『源氏物語ごっこをしたい〜』と娘にお願いされ、、春の関西旅行が決まりました。『ネットで源氏関連の場所を見つけて、まわればいいわ〜』と簡単に考えていた私。ところが、、ざっと数えると100ヶ所以上にも(涙)『何処が大事なのか、全くわからない〜』
源氏物語。そもそも、、私の知識と言えば『お公家さんの火遊びごっこのお話ね〜』古文の時間にかじったくらいで、全文など読んだ事なし。
本屋で、写真真ん中上の『あらすじで大づかみ』の軽〜い本を購入したものの、少し軽すぎた感が。写真右の『源氏物語を歩く』を購入し、やっと、今回の旅の大筋を作る事が出来ました。しかし、これだけでは内容が微妙にわからない。写真真ん中下の『源氏、、ビギナーズクラシック』を購入。これは、全然進みません(笑)娘は図書館から、写真左の本迄読んでいますが、手に取る気にもならず。
ここまできて、わかった事は『千年も前の架空のお話。源氏を歩く、、は、そもそも無理がある。時代背景や紫式部の足取りを少し垣間みる事が出来ればいいのね、、』と、思う事まで、やっと辿り着いた感が(笑)
思えば、モーツァルトの旅はまだラク。彼はざっと250年前。源氏は1000年ですもの〜。もう1つ大きな違い。モーツァルトに恋して30年以上。源氏は1ヵ月。やはり無理があるわ。
さてさて、我が家の『源氏物語を巡る旅〜』は、どうなる事でしょうか。楽しむ為にも『ビギナーズクラシック』を読破しなければ(笑)


源氏物語を歩く (楽学ブックス―文学歴史)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

大森 野田岩『久しぶりに鰻を堪能』

久しぶりに鰻が食べたくなり、大森・野田岩へ行ってみました。大森 野田岩 住所は、東京都大田区大森北1-30-8 電話03-3761-4110
随分前に改築されてますが、新しくなってからは初めて。
野田岩1

店内。上の階には個室が、あります。
野田岩2

コースにすると、白焼が付いてきますが、少々苦手な為、白焼を抜いたメニューでお願いしてみました。
写真真ん中のお魚のようなものは、ごぼう。お箸で割れる程、柔らかく煮てあります。
野田岩3

大根。全体的に上品な薄味です。
野田岩4

メインの鰻。肝吸いが、なんとも言えない、好きなお味。
鰻は、こんな時期だからでしょうか。少々、肉厚に欠ける気もしますが、ご飯の炊き加減も丁度良く、納得いく食事となりました(笑)
野田岩5


東京 五つ星の鰻と天麩羅

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

スワンナプーム空港。CIPラウンジの内容は〜? バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

バンコクのスワンナプーム空港でデルタ航空が使えるラウンジはCIP FIRST CLASS LOUNGE。ここは、プライオリティパスでも使えます。
家族3人分の入場券?が手に入ったので『朝食タイム〜』です(笑)
でも、、相当寂しかった感じが否めません。デルタからのサービスなので、ありがたいのですが。
ラウンジ1
ラウンジ3
ラウンジ4
ラウンジ5

私が、いただいたもの。
ラウンジ7

ラウンジ内でのWi-Fi券。受付でいただけます。
ラウンジ6
ラウンジ8

昨年12月中旬のバンコク旅行記、今回で、やっと終了しました。ブログを始めて、初めて終了した?ものです。長い間、お付き合い戴きまして、ありがとうございました。
『あの〜、、イギリス旅行記まだ途中ですよね〜?』ハイ。春の国内旅行記が終わったら、すんごい勢いで書くつもりです(笑)


歩くバンコク2013-2014 (歩くシリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バンコクでチェックイン。デルタの特典は〜? バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

さてさて、帰国です。デルタなので、早朝のスワンナプーム国際空港へ到着。『スパの後、、ほとんど寝てない気がするけど、気のせいかしらん?』
無理矢理のゴールドメダリオン(笑)スワンナプームでは?成田でのチェックインの際は、事前の入力通り。特に何もなかったので、全く期待もせずだったのですが〜。『デルタさん、ありがとうございます』の感想でした。チェックインの空港によって、対応が違うのが判明??これから、デルタを使う事が多くなりそうなので、経験を積まなくては(笑)
空港1

①ラウンジ3名券をいただきました。
成田では、本人+1名のみ。娘の分は自腹で。
空港4

②プレミアムレーン(優先入国審査レーン)券を3枚。
とは言え、早朝。空港内はガラガラ。面白そうなので、通ってみましたが、ココもガラガラ(笑)
デルタ
空港3

③座席番号が事前の予約より、全然早い番号に。
ただ〜、、私、飛行機の事はよくわからない。勿論エコノミーなのですが、前が広々。
空港5
空港6

話が前後してしまいますが、、バンコク旅行最終回『さ〜、、CIPラウンジに行こう〜』は次回です。


歩くバンコク2013-2014 (歩くシリーズ)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アジアハーブアソシエーションス プロンボン店でスパ体験を バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

バンコク旅行最終日?最後の晩餐の後『ドロドロに疲れているだろうから、最終受付時間で予約して寝てしまおう〜帰りもベットまで1分かからない〜』とやって来た『アジアハーブアソシエイション プロンボン店』Asia Herb Association 住所はSukhumvit 24 Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110 ヒルトンスクンビットの目の前にあります。
予約は日本からネットで。
アジア1

店内は、キレイ。
アジア2
アジア6

受付を済ませた後の待合室?最終受付の時間だというのに、混んでいます。
アジア3

先ずは家族全員で。夫と娘はタイ古式マッサージを。私はオイルマッサージです。
今回、バニラ・街?とアジアを体験してみたのですが、私にはココ、アジアのマッサージが一番合っていた気がします。担当の方によっても違うでしょうから、たまたま、、だとは思いますが(笑)
アジア4

ボディの後、既に熟睡、、フラフラの状態で、別棟でフェイシャルを。フェイシャルは受付の際追加したのですが、問題なく応じてくれました。
『どんな風に顔をいじられたなんて、全く覚えていない、、、』
アジア5

お部屋に戻ると、真っ暗・夫娘の寝息が聞こえるだけ〜(笑)『私も負けずに、すぐ寝ましょ。明日は飛行機乗るだけだわ〜』続きは次回です。


たびんご!バンコク


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

海鮮レストランで最後の晩餐? バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

いよいよ最後の晩餐??更に親戚やらが増え〜、というお食事会です。『限界まで挑戦!!』くらいに食べました(笑)
ここはシーロムSilom にあるシャングリラレストランShangarila Restaurant 住所は54/4-7 Silom Bangrak Bangkok電話 02-234-9147 海鮮中華料理?と言ったらいいでしょうか。
夕飯1

店に入るとすぐ横には『活きがいいですよ〜』という感じで、いろんな水槽が目につきます。
夕飯2

店内は広々。清潔です。
夕飯3

さてさて大宴会の始まり〜。席に着くと、既に丸テーブルには沢山並んでいる。
夕飯4

『あ〜、、子豚ちゃんの、お顔まで〜、、、』子豚さんの歯が焦げており〜。
夕飯5

香港島によくある、海鮮市場で買って、そのまま調理〜、のような所にあったような(地名が思い出せない)
『生まれて初めて見ました。こんな巨大エビ!』くらいの大きさです。(伊勢エビの10倍くらい?)食べても食べても減りません。
このエビ、お刺身でもOK。鍋スキの要領で、美味しくいただきました(コレが一番美味しかったかも)
夕飯6
夕飯7

鳥の足焼きそば?『コラーゲンいっぱいで、お肌ツルツルになるわよ〜』と言われても、、抵抗が、、
余りにもの恐怖で、写真を撮らなかったのですが『これ、日本語でヒルの炒め物〜』と言われた物体もありました(涙)
皆さん、強要せず、私の反応を楽しんでいる様子も。気のせいかしら??
夕飯8
夕飯9
夕飯10

こうして、、笑いあり、涙あり?の大晩餐会は終了したのでした。
今からカラオケ行こう〜のお誘いも、『本当にごめんなさい!最後のスパの予約があるので、これで失礼します。お陰さまで、充実したバンコク旅行となりました』  続きは次回です。


23 地球の歩き方 aruco バンコク 2013~2014



にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


二期倶楽部広尾でランチ『とってもヘルシーです』

『たまには美味しいもの食べたいな〜』とやってきた広尾にある二期倶楽部 
住所は東京都港区西麻布4-7-10 麻布笄町Aハウス 電話03-5466-7899 広尾の駅から徒歩10分くらいでしょうか。この場所、昔は焼き肉屋さんだったような。二期倶楽部になって5年くらいになるようです。
いろんなものを、ヘルシーに品良く、いただいた。という感想でしょうか(笑)
二期

店内は暗め。すっきり上品です。
二期2

ランチは3種類。真ん中のお値段のものをお願いしてみました。
二期3

最初に、わんさか(量も種類も)入っているお野菜。パリパリ、コリコリ、新鮮でとっても美味しい!
二期4

重箱?のように3段重ねでやってきました。これは、真ん中メインのお皿。
二期5

一番上。どれも手が込んでおり、さっぱり味で、とても美味しい。
二期6

一番下に、ご飯です。
二期7

デザート。
二期8

コーヒーは飲み放題。何時間でも居られます(笑)
二期9


ぴあ六本木食本 2014 (ぴあMOOK)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

大坊本行寺(池上)『御朱印帳を購入してみました』

春の旅行は関西でお寺巡り。最近『御朱印帳』の存在を知ったので、早速購入をしたい。とは言え『何かあった時の為に、近場で購入したいな。どこか、よいお寺ないかしら〜』と探したところ、ありました。日蓮上人がご臨終されたというお寺、大坊本行寺 住所は東京都大田区池上2-10-5 電話03-3752-0155
大坊1

境内は凛とした空気に包まれています。
大坊2

日蓮上人が亡くなる時に季節でないのに咲いたと言われる『御会式桜』一年中、咲いているイメージですが、10月下旬から12月上旬にかけて咲き始めるようです。
大坊3

よ〜く見ると、3月中旬にもならないのに、お花が見え、幸せな気分にさせてくれました。
大坊4

さてさて、御朱印帳を購入できました。1頁目は、大坊で飾る事?が出来、大満足(笑)
これから、どんどん増えていくのが楽しみです。
大坊5
大坊6


東京古道散歩 (中経の文庫)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン ローデ24のカプリース No.16 No.17 No.18

カプリースの目次←リンク貼ってあります。

レッスン後の帰り道、娘が『おかしいな〜、昔はあの音程でOKって言われてたのに〜』(カールフレッシュの事です)
『年齢に応じて、許容範囲が狭くなるの〜!!』と私。
まだまだ『音程』修行が続きます(笑)

No.16
『曲のどこで、雰囲気変えたら良いか考えて』答37から(笑)
アクセントをそこまで強くする必要があるの??

No.17
『弓のどの部分で飛ばすのが一番気持ちいい?』
おんてい!←一筋縄ではいきません、、、娘も泣かずに強くなりました(笑)

No.18
手首だけ使って〜。



24 Caprices for Solo Violin


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ

ミニピンネネー『餃子おいしいワン』千鳥町『神戸餃子大田』

ここは『神戸餃子大田』餃子屋さん?でもジャンルはバル・バールとあります。何故電車を乗り継いでまで、ネネーと来たの〜?『ペット可』のお店なのです。
ネネーと一緒に堂々と、そして飲める〜ところは本当に貴重。
住所は東京都大田区千鳥2-36-1 電話03-5482-0020 東急多摩川線武蔵新田駅より徒歩1分(環八超えてスグ)
店内は小ぶりながら、ワインも取り揃えてあり、確かにバールっぽい。とっても清潔です。
ネネー4

さてさて、今夜はネネーが主役。これがワンコメニュー。
ネネー2

ネネーさん『餃子』を注文!
ネネー3

『見せるだけじゃなくて、早く食べさせてよ〜』ネネー、、目が真剣すぎる(笑)
ネネー6

『ちょっと〜、、お願い〜、、』
ネネー5

人間も〜、餃子をたんまり注文(笑)
ネネー7

この水餃子、スープが絶品でした。
ネネー11

大田市場からの野菜。ボリュームたっぷり。新鮮です。
ネネーも人間(笑)も、満足感たっぷりな夕飯となりました。
ネネー8
ネネー9
ネネー10


るるぶペットとおでかけ首都圏から'14~'15 (るるぶ情報版目的)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バンコクに来てまでプリクラですか〜? バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

サイアムパラゴンのフードコートで軽いランチをし、ウィンドショッピングをした後は、子供達の希望で『プリクラ』と撮りに行く事に。バンコクの女子高校生にお任せです。日本をたつ前、この友人のお嬢さんに『お土産は何がいい〜』と聞いたら『フジフィルムのチェキフィルムが欲しい〜』と。私に至っては『何ですか〜チェキって?』から始まり、インスタントカメラのフィルム、、とわかるまで娘や夫にしつこく聞きました(笑)『最近の流行は全くわからない、世界共通なのね、、』
ところで、ここはサイアム・パラゴンから徒歩すぐ。デジタルゲートウェイgatewayというショッピングモール。日本食レストランも沢山ある、若者が好きそうな気配ムンムンな施設です。
プリクラ1

デジタルゲートウェイの2階の隅に連れて行かれると〜、、プリクラブース?がありました。一回180バーツ。高いのか安いのか??日本と変わりません。
プリクラ2
プリクラ3
プリクラ4

中に入る勇気もないので、夫と交代でブラブラ。『プリクラの前で、1時間も待たされるのは、普段の生活では考えられない〜』子供達はご満悦(笑)
それにしても人気があります。
プリクラ5

『さ〜て、みんな待ってるよ〜。バンコク最後の夕食よ〜』バンコクの友人主催、驚きの夕飯、、続きは次回です。


バンコク買物探検隊―バックパッカーのC級ショッピング術


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

サイアム・パラゴンでランチ バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

MBKでお目当ての携帯ケースを買った後は、すぐ近くのサイアム・パラゴンSiam Paragonへ。
バンコクの物価は安い、、と勝手に思い込みしていた私にはビックリ!『東京と変わらない?それ以上??』
ヒルトンスクンビットの近くのデパートも『東京にいる時のデパート価格だ〜』とビックリ。街の事をよ〜く知っているリピーターじゃないと、本当の面白さはわからないのかしら〜、、と思ってしまいます。
サイアム・パラゴン。こ〜んな贅沢なショッピングモール(例・高級車1つにしてもフェラーリ、ロールスロイス、ランボルギーニ、キャデラック、、、な〜んでも現物を何台も展示しながら販売)、都内では少なくとも見た事がない。東南アジアの底力を垣間みた気がしました。
ランチ5

エントランスも立派。
ランチ6

ブツブツ言っている間に、バンコクのお嬢さんの案内で、お目当てのフードコートに到着。
ランチ1

バンコクのフードコート。現金カードを購入してからの注文となります。
ランチ2

現地で食べてみたかった『パッタイ』180バーツでした。家族で屋台に行く勇気がなかったのですが、このフードコートで充分満足。
ランチ3

とっても可愛い空間も。
内外問わずの有名ブランドショップ、食品、、『お金さえあれば、何でも揃う所なのね〜』
ここに来た事、ショッピングというより、観光に近い気がしました(笑)
ランチ4

『プリクラ撮りに行こう〜』中学・高校生女子!『ハイハイ、ついて行きますよ〜』続きは次回。


大人のバンコク極楽ガイド


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

MBKで携帯ケースのお買い物? バンコク旅行

2013年12月バンコク旅行。前回までのお話は、バンコク旅行の目次←リンク貼ってあります。

王宮を観光した後は『携帯ケースを買いたい〜』という我が家の願い?でMBKへ。住所は、444 8flr.,Phayathai Road, Wangmai, Patumwan, Bangkok
『秋葉原の家電デパート?中野サンプラザ近くの中野ブロードウェイ??』という表現が合う感じです。


中はごっちゃごちゃ。
mbk2.jpg
mbk3.jpg
mbk4.jpg

このフロアー全体が携帯ケースだらけ??
お値段は〜?日本での価格の半額くらいでしょうか。クレジットカードを使おうとすると、手数料を請求されたので、現金でお支払い。
mbk5.jpg

同じ建物の中に東急があったので、表面だけ覗いて見ると〜??こんな感じでした(笑)
mbk6.jpg

『お腹がすいたから、ランチにしよう〜、、バンコクのフードコート、一回経験してみたいわ〜』続きは次回です。


乗り物にみるアジアの文化 (交通論おもしろゼミナール)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

品川『シンガポールシーフードリパブリック』のランチと『オーバカナル高輪』

何十年も前から気になっていた、品川駅高輪口からすぐの『シンガポール・シーフード・リパブリック』ランチで入ってみました。住所は、東京都港区高輪3-13-3 シナガワグース 前庭 電話03-5449-8080
『シンガポール政府公認シーフードレストラン』という文字も気になり〜。
外観は『Theシンガポール』という感じで、ど〜んとしています。
ランチ1

店内に入ると、オープンキッチンな感じに好感を持てます。
ランチ2
ランチ3

シンガポールならではのお土産物(食品類)も購入できます。
ランチ7

ランチセットについてくるサラダ。
ランチ4

友人の頼んだ、カトンラクサセット950円。紙エプロン付(笑)
ランチ5

私は『王道を〜』と、海南チキンライスセット950円をお願いしました。
チキンライスもきちんと味があり、納得いくランチでした。
ここは、、夏の暑〜い日にオープンテラスでいただくと、シンガポールを感じながら〜、、ができるのでは〜?と、、ハイ、再度挑戦してみたくなる感想です。
ランチ6

『ランチの後はお茶を〜??』すぐ目の前にあるオーバカナル高輪(←過去記事貼ってあります)へ直行。
ランチ8

きちんとランチをいただいたはずなのに〜、、何故か、前菜セットを頼み〜(笑)
ランチ9

大好きなイチジクのケーキも。この後、モンブランもいただきましたが、、写真撮り忘れました。ハイ、今日も食べ過ぎです。
ランチ10


東京おさぼり帳―東京リフレッシュスポット徹底取材

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

『ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き』を読んで

楽友協会お正月にウィーンリングのニューイアーコンサートを聴きに行った際、サントリーホールの売店で購入した『ウィーン楽友協会 200年の輝き』という本。今頃になって読んでみました。『何故、こんなに面白い本を放っておいたんだろう〜』と後悔するくらい面白かったです。
クラッシックが好きなだけで、素人な私。目からウロコばかり。
①楽友協会とウィーンフィルは全くの別物。ただ、楽友協会にウィーンフィルの事務所を間借りしてただけ〜『え〜???』
②楽友協会の歴史とは即ち(音楽教育も)今日のクラッシック音楽の礎と同じ『ほえ〜、、、』
結局、、楽友協会なくしては、今頃クラシックというものが、どんな存在になっていたのか、全く違う景色だった事も考えられるんだ、と素人な私にも良くわかる本でした。
1812年、ナポレオン全盛期の時代からの設立。楽友協会があったこそ、貴族の邸宅にあったお宝、モーツァルトを始めいろんな音楽家達の遺品の散逸を、ある程度免れ、、ブラームスに至っては遺言で、個人コレクションを寄贈(自身の直筆譜等まで)ベートーベン・シューベルト・マーラー、、、楽友協会資料館ではすんごいお宝がザックザク!
『楽友協会の前を通りすぎた経験しかない〜、、ゆっくりウィーンの街を堪能したい〜』と思わせる本でした(笑)


ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き (集英社新書)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

祝??今日でブログを始めて1年になります。

ネネー1自分でもビックリしています。今日でブログを始めて丸1年経ちました。勝手に祝祝ムード(笑)
『娘と歩んだ記録をきちんと残した〜い』の動機で始まった、私の日記。ふと横を向くとネネーがいつも笑ってる。『ネネーの事も書かなきゃ』
ブログを書き始めて、一番変わった事『常にカメラを持ち歩いています!』以前は風景を撮るのは夫だけ。私は、、人物中心のものばかり。
今では書くことは生活の一部になり、張り合いにもなっています。失敗も数ありました。夫には『入り込む隙のないブログ』と言われていますが、ブロ友さん達に出会え、ありがたい限りです。ブログを通じてお友達が出来るなんて、今迄の私には考えられない事でしたから(笑)最近のネット社会。用心するに越した事はありませんが、気をつけながら『いいとこ取り』しようとすれば、こんなに世界が広がるんだ〜、、と思います。
とは言え、、最初は、どう書いていったら良いのか全くまとまらない。過去の事はまとめて〜、、とヨーロッパは音楽紀行のみに焦点を絞り、、今思えば、イギリスの前のドイツくらいはきちんと書いていけば良かったかしら〜、、と反省もあり。写真に至っては『あんまり大きいのは下品かな〜』と随分縮小。夫に『小さ過ぎ〜、、全然雰囲気わからない〜』等のアドバイスをもらいながら、今のスタイルになってきたのが、ここ半年。これからもどんどん変わる予感も(笑)
いつまで続けられるか全くわかりませんが、今後共宜しくお願いします。


バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲) 私がこよなく愛するCDです(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
ヒルトンの予約

一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村