日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

11月≪ 12月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

京都旅行『京都らしい所は〜?』青連院・南禅寺編

冬の京都旅行の目次は、2014年12月国内旅行の目次(←リンク貼ってあります)からどうぞ。

この日のお昼は『南禅寺の奥丹に行く』のみ決めていたので、、近場に行ってみました。
先ずは『青連院』へ。何となく入った所でしたが『塵1つない〜』実に京都らしい所、、空気が違う感じのお寺でした。
ところで、大雪になる前日に訪れたのですが、とにかく寒い。お寺訪問の為に、足の裏カイロは作られたんだ、、としみじみ。勿論、持参してはおらず。凍るかと思いました(笑)
青1

娘は『三十六歌仙』のお部屋に釘付け。
青2

お庭も計算され尽くした美しさ。
皇室に縁のあるところは、どこも、ものすごくキレイ。日本ってすごいです。と、しみじみ。
青3

ハイ。御朱印状です。
青4

次に訪れたのは、南禅寺。
南1

国宝、という名前も大好き(笑)
南5


ところで、南禅寺広すぎて、、実は、ココに行った事なかったんです。水道橋。この風景もよくお写真で見ます。
南2

どうなっているのかしら〜。と上まで行ってみましたが、とりたて、、
お水が逆流しているように見えたのは気のせいだったかしら。
南3

一応、御朱印状も。
南4

『南禅寺の奥丹でお昼にしましょ』続きは次回です。

今日は大晦日。皆様どんな1日をお過ごしでしょうか。この記事は予約でアップしているので、我が家は年末年始旅行の真っ最中。記事になるものを見つけて、楽しむ予定です(笑)
来年もどうぞよろしくお願い致します。

京都 天下無双の別荘群 [DVD]

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

京都旅行、パワースポット編『清明神社・伏見稲荷』

冬の京都旅行の目次は、2014年12月国内旅行の目次(←リンク貼ってあります)からどうぞ。

『パワースポット』この響き大好きです。という訳で、今回は最強っぽいところに行ってきました(笑)
1つめは『清明神社』ご存知「安倍晴明」を祀った神社です。
境内は決して広くはありません。
清明1

清明さんのお顔をしげしげと眺め、、何故だか皆様がさすって光っている、おみ足をすりすり。
清明2

魔除けの桃さんも、なでまわし、、
清明3

端っこに地味にある清明井を拝み、、ココですんごい事を発見。
このお水で、利休さんが最後のお茶を点てたとは、、うわ〜、私もこの水でお抹茶いただきたいデス(笑)
清明4

清明5

ふと、見ると、ここは、利休さんのお宅でもあったのですね。凄い!
私、真剣に感動しました。
清明6

ところで、御朱印状は?
清明7

2番目。ハイ、伏見稲荷です。これだけ有名なのに、行った記憶がなく、、ちょっとウキウキ。
伏見1

きつねさんのお顔もりりしく、、家のネネーとは大違い(笑)
伏見2

中のきつねさんは、更に凛々しい!
伏見3

『これが〜写真でよく見る風景だわ〜』
『宝くじが当たったら、ここに鳥居を奉納したい〜』と、やけに無邪気な夫。
伏見4

ここにも無邪気な人が。娘は、何をお願いしたのでしょうか(笑)
伏見5

『たまには、目的もなく、行き当たりばったりしてみようか〜』続きは次回です。

日本全国このパワースポットがすごい! (PHP文庫)

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

京都旅行。ハーヴェスト京都アーバンステージ『閉鎖間近です』

冬の京都旅行の目次は、2014年12月国内旅行の目次(←リンク貼ってあります)からどうぞ。

長年、我が家の京都旅行の拠点となっていたハーヴェスト京都アーバンステージは、ハーヴェスト京都鷹峯のオープンの為か?来年1月で閉鎖。京都御所の目の前、という立地。行き慣れていたか?寂しくて仕方ありません。
ロビーに入った瞬間にお香の匂いが、、何故かわからないけど、毎年毎年、ホテルのサービスが進化していく感覚を味わえる、、本当に残念です。
お部屋は豪華さはないものの、相変わらず、落ち着きます。
アーバン1

ところで、ココのたん熊もなくなった今、営業しているのはイタリアンのみ。『まぁ〜、最後だし〜』という事で、お夕飯をいただく事に。
これが、、美味しかったんです。
アーバン2

このパスタをいただいた時は家族全員『美味しい〜!』
余りにのお夕飯の満足度に、後から聞くところによると、アルポルトでシェフの右腕として頑張っていた方がシェフになられているとか。『ど〜りで、、』でした。アルポルト、、やはりただ者じゃなかったわ。
アーバン3

勿論、朝食も美味しい!
アーバン5

因みに、朝食の洋食は、こんな感じ。大満足です。
この後は、経営者は変わり外人向けのホテルに、、という話でした。
アーバン6

ところで、京都アーバンステージの夜は、何故かバスに乗って高台寺のライトアップに行ってしまう我が家。
ほんのちょっと、紅葉が残っておりました。
2日後は大雪となっていたので、今年最後です。
アーバン4

『さ〜て、パワースポット巡りは?』続きは次回です。

日本全国このパワースポットがすごい! (PHP文庫)

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

メリークリスマス!

『メリークリスマス!』
皆様どんなクリスマス週間をお過ごしでしょうか(笑)
先日東京駅にイルミネーションを見に行ってきました。素敵でした。
クリスマス1
クリスマス2

さてさて、我が家のクリスマス。相変わらず、飲んで食べています。
クリスマス3

この日は、我が家でのホームパーティ。
先ずは、オークラのサンドウィッチセット。どれも美味しい〜♡
5

『かに〜!!』←こんなに沢山持ってきてくれてありがとね。
友人達のとっても美味しいお料理が並びます。
4
8
9

私が世の中で一番大好きな、トップスのチョコレートケーキ。
こんなに沢山食べていれば、太るのも当たり前。ジムやら、断菓子を試みるものの、、成果はなし。
この後、お正月を迎えるのに、、来年のお正月開けは、どんな体重になっているか、、今から怖すぎです(笑)
10

因みに一晩で空けたワイン瓶を、ヨロヨロしながら撮っていました。
11

ピッピとネネーもあきれ顔。
一年の締めくくりは、楽しい〜♡でも太るでした。
6

持ちよりパーティーをしよう (講談社のお料理BOOK)

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

京都旅行『新撰組といえば〜?』

冬の京都旅行の目次は、2014年12月国内旅行の目次(←リンク貼ってあります)からどうぞ。

『源氏関係の他、何処に行きたい?』と娘にガイドブックを見せたところ『新撰組〜!』と勢いよく返事が。そう言えば、京都と言えば『新撰組』だったわ〜。と行ってみる事に。
先ずは壬生寺へ。新選組隊士の墓があります。
新撰組1

壬生寺さん。なかなか、、な所で、幼稚園から老人ホームまで兼ね備えておりました。
新撰組2

御朱印状は、、いい感じです。
新撰組3

壬生寺からすぐそばには、新選組の近藤勇、土方歳三らの宿所だった八木家住宅があります。
ここはセットで訪れなくてはいけません。
新撰組4

新撰組5

ここは、愉快なガイドさんが、いろんな説明をしてくれます。それだけでも楽しい。
芹沢鴨暗殺の際の刀傷も残っており、当時に思いが馳せます。
新撰組6

ところで、現在の八木家は敷地内に和菓子屋さんを。
新撰組7

もちろん、美味しくいただきました。
お寺に行っても何処でも、京都ではお抹茶三昧の旅でもあります(笑)
新撰組8

『1日目の宿は、もうすぐ閉鎖の京都アーバンステージよ〜!ゆっくり楽しもうね』続きは次回です。

新選組血風録 (角川文庫)

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

京都旅行、源氏物語編『千本ゑんま堂と平安神宮』

冬の京都旅行の目次は、2014年12月国内旅行の目次(←リンク貼ってあります)からどうぞ。

先ず向かったのは、春の源氏旅で行き損ねた千本ゑんま堂へ。
行ってビックリ。小野篁を祀るすんごい歴史満載な場所なハズなのに、、京都のお寺とは思えない混沌とした所でした(笑)近寄り易い感じはします。
源氏3

えんま様を拝んだ後は、、
奥の方に行って、やっと『紫式部供養塔』へ。確か、国の重要文化財だったハズですが、、何だか寂しい感じが。
源氏4

式部のお顔がキュートです。
源氏2

ご朱印状は、、とっても丁寧に書いていただけました。
源氏5

所変わって、源氏な平安な感じを摑むには『平安神宮』で妄想するのが、一番早い。という訳で、何となく立ち寄ったのでした。早朝に行ったので、団体さんに会わずに済みました(笑)
あとは、大原方面に行けば、大体源氏旅も網羅できそうですが、、『暑い時に行きたいね』と全員一致。いつになる事やら。
IMG_0892.jpg

『そういえば、新撰組ごっこした事なかったね〜』続きは次回です。

源氏物語を歩く (楽学ブックス―文学歴史)

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


京都旅行。先ずは『十二段屋』さんのお茶漬けから。

冬の京都旅行の目次は、2014年12月国内旅行の目次(←リンク貼ってあります)からどうぞ。

京都に行ってきました。先ずは大好きな十二段屋さんのぶぶ茶漬けから旅の始まり。春の京都旅行では、時間帯を間違え、余りにの混みに諦めたのでリベンジです。
『京都を感じる〜!幸せだね〜』と相変わらずの美味しさです。
十二段1

祇園にも同じ名前のお店がありますが、経営も全く違うようです。
お昼のお茶漬けは、一階のみ。お席が少ないので、並ぶのもわかります、、
十二段2

メニューもお茶漬けがメイン。
十二段3

これが、すずしろのセット。
とっても地味に見えますが、、好きなんです。
十二段5

だし巻き卵も薄味ですが、しっかり味がついています。おまけに巨大。
十二段4
十二段6

ご飯は1人3杯までいただけます。とはいえ、、そんなにいただけませんが。お米の炊き方もいい。
騙された!と思って、京都に行かれる方は是非1度足を運んでみて下さい(笑)
十二段7

3件先にある『すはま』もしっかりと購入。いつもの京都旅行の始まりです。
十二段8

今回は、写真順ではなく、カテゴリー別に書いていきたいと思います。
今年中にの終了が目標です(笑)是非お付き合いくださいませ。

京都和食100選 (クリエテMOOK あまから手帖)

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

有楽町『ラメールで、モンサンミッシェルに行った気分を』

ここは、有楽町フォーラム内にある、ラ・メール・プラール
ハイ、モンサンミッシェルの中にある、オムレツ屋さんのラメールです。1度行かなきゃ〜、、と思いつつ、、何年かしら?行ってきました。金曜日の夜だったからか?お店は満員。予約した方が良さそうです。
実は私、以前にモンサンミッシェルのラメールでオムレツを戴いた時は、余りにのフワフワ振りに仰天し『観光客だと思って、手を抜かれたわ。生焼けで、ちっとも美味しくないわ〜』と、オバカな感想だけを抱いておりましたので『本当にそうなの?』を体験したかったのです(笑)
有楽町2

ハイ、この看板に似た感じ、、
有楽町3

ここでシードルを飲まなきゃ、何処で飲むの??
シードルと言えども、、酔いが周り、、友人に『大丈夫?』と聞かれてしまいました(笑)ハイ、美味しかったデス。
有楽町4

『あれも、これも食べたい〜』な私達。コースをお願いし、シェアする事に。
有楽町5

出ました〜!オムレツです。『アレレ??モンサンミッシェルでいただいたものと殆ど同じ感じ』ハイ、泡を含ませていただくのが本流なんだとよくわかりました。観光客だと思われて、手を抜かれた訳ではなかった模様(笑)
これさえわかれば、充分です。
有楽町6

お肉も普通に美味しい。
全体、量が多い感じがしました。女子会には単品でお願いした方が良さそうです。←でも平らげました。
有楽町7

このデザートは、、ちょっとNG。近くのテーブルをチラ見すると、、モンブランがやけに美味しそうに見えました(笑)
有楽町8

ご当地名物?コレ330円。勿論、娘にお土産で買って帰ります。
有楽町9

余談ですが、目の前のフォーラムもミシュランに載ってます。パチリです。
有楽町1

東京最高のレストラン2015

↓応援クリックしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ヒルトンボストンバックベイ『ラウンジの朝食は?』

2014年夏アメリカ旅行の目次←リンク貼ってあります。

ボストン最後の朝です。この日は、一刻も早くチェックアウトし、長距離の移動をしたかったので、朝のお散歩はナシです。
ラウンジの朝食の報告をしてなかったので、朝食編です。このダイアモンドラウンジ。普段は人もまばらですが、朝食時のみ賑わっていました。
特にこれ!という特色はありませんでしたが、最小限のものは、普通に並んでいます。
朝食1
朝食2
朝食3
朝食4
朝食5
朝食7

ここでの私のお気に入りは、、イングリッシュマフィンを焼いて、卵とベーコンを一緒にいただくのが好きでした。
朝食8

2日目も殆ど同じものをいただいています(笑)
朝食9

『さ〜て、車に乗って、若草物語ごっこしに行くわよ〜!』続きは次回です。

B07 地球の歩き方 ボストン 2014~2015 (ガイドブック)

↓応援クリックお願い致します♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ボストン『オススメのレストランは〜?』

2014年夏アメリカ旅行の目次←リンク貼ってあります。

上高地の旅が終了したところで、アメリカ旅行に戻ります。こんな事してたら、いつになったらアメリカ旅行終了するのか、自分でもわからなくなってきました。スミマセン。

ホテルで一休みした後は、お夕飯です。今夜でボストンは最後。疲れた身体にムチ打ちましょ。
と地下鉄でやって来たのは、ウオーターフロントにあるファニュエルホール・マーケットプレイスFanuil Hall Marketplace。この場所、最初の宿泊、ダウンタウンダブルツリーや、ダックツアーの途中何度も前を通りましたが『ボストンに来たなら一度は来なきゃ〜』くらいの観光地で、ものすごい混雑振りです。観光の王道を、、の我が家ではありませんが、アメリカ人向けの観光紙に、一押しレストランがこの場所だったので行ってみる事に。
お店の名前は、Durgin Park。予約なしでしたが、問題なく入れました。
行ってみて大正解。高級レストランではありませんが、エイジング・ビーフ(熟成肉)のステーキを一口、口に入れた途端『美味しい〜♡』虜になりました!ボストンのレストランをお探しの方、相当オススメです。
誠に残念ながら、、この夜は私、携帯もカメラも忘れ(涙)娘がふざけて撮った写真しか残っていないのが、、申し訳ありません。お肉もお写真がなく、、残念。
外夕飯1

その雑誌に、ここにきたら『インディアンプティングもオススメ〜!』とあったので、お願いしましたが、甘過ぎ、無理でした(笑)
外夕飯3

これが、目の前にあったフェニュエルホール。町の集会所です。上の階には砲兵隊博物館があるそう。
余りにもお腹がいっぱいだった我が家。ここでも腹ごなし?『少しお散歩して帰ろう〜!』
ここも、ボストンで有名なフリーダムトレイルFreedom Trail添いだったので、線に沿って歩いてみる事に。写真がなくてスミマセン。
外夕飯4

フリーダムトレイルを少し歩くと、ここは、ボストン虐殺事件の場所。円形サークルが残されています。
あ〜、お写真があって良かったデス。
ナビをゲットした途端、どこまでも貪欲に観光しまくる我が家。
旅行中は、妙な心配の種を持つのがいかに残酷か、、思い知りました(笑)
外夕飯5

『朝よ〜!朝食行きましょ』続きは次回です。

B07 地球の歩き方 ボストン 2014~2015 (ガイドブック)

↓応援クリックお願い致します♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

松本『ナワテ通りで何をしていたか?』

国内旅行記、目次は、2014年国内旅行の目次・11月からどうぞ←リンク貼ってあります。

今回の旅、最終回です。
松本城を楽しんだ後は、最終目的地『ナワテ通り』へ、ブラブラ目的で。
なわて1

子供達の一番の目標「駄菓子屋さん」は見つからず。数ヶ月前に閉店したそうな。残念でした。
なわて2

縄手通り。勿論川沿いにあります。川沿いをきちんと楽しむようになっているところに好感が持てます。
なわて3

ふと目に入った、たい焼きやさん。『たいやきアイス』の文字に目が釘付け。気がつけば並んでました。ハイ、30分程。
友人と並んでいる間、妄想だけが膨らみます『アイス天ぷらの様な感じかしらね〜』
なわて4

順番が来て、、ガックリ。アイスを挟んだだけでした。
『私達は、この為に30分も並んだの〜?』勿論、普通に美味しかったですが、、
なわて6

更に、レンタカーを返却し、開放感一杯の夫達と共に松本駅のお蕎麦屋さんでつまみ、、構内で『きなこかりんとう』に釘付け。特急あずさを待っているホームでは友人と足上げ体操。?な娘達に『車内でも食べるでしょ〜』
ハイ、電車の中では、我慢できませんでした。あずさでしか購入できないと言う『信玄餅アイス』
今でも3キロ増えたままです。このまま、お正月に突入する前に努力しなきゃ。
お山を堪能する前に、胃を大きくしただけの旅?そちらの意味では、大満足でした(笑)
なわて8

信州 グルメの達人になれる本 松本編

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

松本城『国宝は楽しい?』

国内旅行記、目次は、2014年国内旅行の目次・11月からどうぞ←リンク貼ってあります。

お蕎麦で常に、お腹いっぱいをキープし続けたまま(この旅3日間。お腹がすいたと感じた事はありませんでした)少し腹ごなしに松本城へ。
私のような素人が撮っても、満足なお写真が撮れました。勝手に満足。
城1

お祭りに当たったようで、、テンション上がります。
城2

城内に入ると、こんな方が。娘、大乗り気!相変わらず、おバカまっしぐらな中学生。
城3

国宝〜!と思いながら眺めると、ありがたさ倍増。
城4

『現存最古の五重六階の木造天守』感動。
城5

一番上からの眺め。
小ぶりながらも『来て良かったね』度が高いお城でした。
娘は「長篠の戦い」絵に見とれておりましたが、、私は素通りです(笑)
城6

ところで、お城から、ナワテ通りを目指して歩いていると、、こんなネコを発見。思わずパチリ。
城7

『ナワテ通りで駄菓子屋さんに行くぞ〜』続きは次回です。

日本の城 81号 (松本城) [分冊百科]

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バイオリン チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 15才

娘の練習した曲の目次←リンク貼ってあります。

娘は、こういった派手な曲が嫌い。
でも私は『チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲』好きです。ゾクッとくる様は毎回変わりません。『いつかは弾いてもらいたい』曲の1つ。大抵の曲は娘と先生の相談の上で決めていくものの、今回は『是非〜!』と私からお願いを(笑)チャイコンに聞こえなくても、チャイコンを練習する娘に勝手に自己満足。オバカな母親まっしぐらでした。最近になって、音楽の道には進まない、、事を決めた娘。『お家で、娘のチャイコンを聞けるだけで、嬉しかったデス。ありがとう』
こんな私の思いも裏腹?娘『チャイコンの3楽章をただ練習すると、つまらない。オケの部分を歌いながらじゃないと、全くイヤになる〜』だそう(笑)
チャイコン。いろんな楽譜がありますが、オイストラフ版のコーダマーク三昧には苦笑。いろんな捉え方があるのを初めて知りました。深い!

レッスンでは『チャイコンはヴァイオリンの音が良く鳴るようにできているんだよ、、』
1楽章『どこで切ったら良いか、フレーズを考えて』
2楽章『ミュートを使ってもいいよ。テンポ揺らして』

印象が強すぎる、神尾さんを貼っておきます。


チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲/シベリウス:ヴァイオリン協奏曲

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

松本 蕎麦倶楽部佐々木『これはオススメです』

国内旅行記、目次は、2014年国内旅行の目次・11月からどうぞ←リンク貼ってあります。

旧開智学校を楽しんだ後は、お昼を。お目当ての『蕎麦倶楽部 佐々木』←食べログをあります。松本城近くにあります。
『これは美味しい〜!』と全員口を揃える程。勿論私も、とっても気に入りました『何故、大盛りをお願いしなかったのかしら』と後悔(笑)
ささき1

店内は小ぢんまり。決して高級感をだそうとしていない感じ。
ささき2

メニューはこれだけ。
ささき3

先ずはゴマ豆腐を。手作り感いっぱいの、ごまのお味濃厚です。
ささき4

お塩で、蕎麦のみを味わってみると『美味しい〜♡』つゆ無しで、どこまでも食べれてしまいます。
ささき5

お蕎麦のみを撮ってみました。
遠くなければ、毎日行きたいお店です(笑)
ささき6

ところで、お隣には、初日に行った「こばやし」の本店がありました。
個人的には「ささき」を選択します。信州そば、奥が深いです。
ささき7

『松本城に行くわよ〜』子供達の目がキラキラ光ります。続きは次回です。

そばとそば料理の魅力―そば処信州・戸隠の人気店が教える

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

松本『旧開智学校』行って良かったです。

国内旅行記、目次は、2014年国内旅行の目次・11月からどうぞ←リンク貼ってあります。

悪天候の為、新穂高ロープウェイに乗らずに『どこ行く〜?』と案のないまま、松本に移動。
観光の王道を選択。先ずは『旧開智学校』ハイ。重要文化財だからです。この言葉、相変わらず好きです。

松本まで来て見ると、お山の悪天候はウソのように快晴。
旧開智学校敷地内の紅葉もこの通り。柄にもなく、お写真を撮ってみました。
学校7

空の青さが、気持ちいい。
学校1

中に入ってみると、、昔懐かしい香りがプンプン。
学校2

明治の館内の重厚さが、眩しい。これが公立の普通の小学校。ウラヤマシイ細工ふんだんです。
学校3
学校4

館内に展示されていた、明治の子供達の書いた絵が素敵で、、同時に大正→昭和の子供達の絵も展示されていましたが、、明治がダントツ。明治の日本。一枚の絵だけで底力を感じました。すごい時代だったんでしょうね。
学校6

ちょっとした売店もありました。
学校5

黒田知永子 大人のための小さな旅 日本のいいとこ見つけた

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

穂高ホテル『お夕飯は?』

国内旅行記、目次は、2014年国内旅行の目次・11月からどうぞ←リンク貼ってあります。

穂高ホテル。1泊1人、2食付で18000円強『お値段以上〜』の感覚が味わえる所は、嬉しいものです(笑)お部屋もお風呂も食事も、この値段では全く問題なし。
夕飯1

館内、1度チェックインしてしまえば、どこでも浴衣で大丈夫。なのは、ハイキング疲れな私達にはありがたい。
夕飯2

では、お夕飯の紹介。
夕飯3

ボリューム感たっぷり。お味は全体濃いめですが、何も問題なし。
どれも丁寧に作られた事がわかります。
夕飯4

すき焼き用の飛騨牛は、甘い感じがしました。
夕飯5

ボリューム満点のお夕飯は、途中『胃が痛いんですけど〜』な程、食べきります。
夕飯6

お酒も進みます(笑)
夕飯7

ところで、メインのロープウェイは、、
翌朝のお山の景色がコレ。ホテルの人に『あいにくですが、、上に行っても何も見えないと思います』確かに。
泣く泣く『松本に戻ろう〜』の結末(涙)
夕飯8

ホテルの横にあるロープウェイ乗り場が、とっても寂しく見えたのでした。
ココも確かミシュランで紹介されてた気が、、本当に残念です。
夕飯9

『アレ?松本は晴!ここで観光しましょ、、という事だったわね〜』続きは次回です。

日本のロープウェイ・ゴンドラ全ガイド

↓応援クリックお願いします♡
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
ヒルトンの予約

一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村