日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『ソーンベリーキャッスル』のお部屋 イギリス旅行

イギリス旅行、前回までのお話は、目次←太文字をクリックしていただければ、と思います。

ソーンベリーキャッスルの外観についで、今日はお部屋編です。
『フロントはどこかな〜』と探し、その建物に入ろうとすると、いきなり写真の方が。中世の騎士のお出迎え?
設備1

甲冑の横を通り過ぎると、小ぢんまりとしたフロントに、お兄さんが笑顔で迎えてくれます。
設備2

いよいよお部屋に案内されます。建物?が混在しているソーンベリーキャッスル。外観はどこも古さを保ったままなので少し心配。人1人しか通れない程、暗くて狭〜い、クネクネの階段を昇ったところにあった私達のお部屋。でも、ラグジュアリーとまではいきませんが、清潔感あり、機能的な部分もありで、快適な一夜を過ごす事ができました。
『軽井沢・万平ホテルや箱根・富士屋ホテルみた〜い』というのが最初の印象。余りの高さにビックリ!天蓋付ベットのゆったりとしたお部屋です。
ベット1

無理矢理エキストラベットにしたソファー(一番疲れているはず?の夫が寝ました)。左上の絵。我が家では最初から最後まで『何故ここにダ・ヴィンチの白テンを抱く貴婦人画の複製が??』と話題に。なんとなくこの部屋に似つかわしくないところから始まった論争です(笑)
ベット2

家具はレトロな雰囲気一杯です。
部屋6

寝酒ウィスキー?(自由に飲めます)普段のホテルでは、余り見た事ない光景。
部屋4

お風呂も広い。この他に独立したシャワーブースもありました。
部屋3

お部屋の窓からの眺め(ベットで横になっていても同じ風景)
翌朝、ベットに寝ながら娘が『こうして鳥のさえずりで起き〜、誰かがここにホットココアを持ってきてくれ〜〜』と妄想クラブ全開(笑)
部屋5

娘と一番喜んだのはこのティッシュ(笑)『ゆりの紋章〜??』トイレットペーパーもお揃い。細やかなこだわりを感じました。
部屋7

明日はソーンベリーキャッスルでのディナー編です。

残酷な王と悲しみの王妃 著者・中野京子さんの「お姫様」モノは我が家のお気に入り。勿論アン・ブーリンの話も入っています。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
↑ブログ村への応援クリックお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村