日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

大仙山『こんなに恐い山登りってあるんですか〜』

前回までのお話、2014年国内旅行の目次はこちらからどうぞ←リンク貼ってあります。

大仙家の目の前にある『大仙山』前々から気になっていたのですが、今回、遂に登る事に。観光登山??を2~3回しか経験のない私でも充分大丈夫だったのですが、、『これってあり〜??』の連続。ビックリ登山となってしまいました(笑)
個人の所有という大仙山。標高150m。往復2時間程のコースでした。
大仙山1

『あの〜、、登山って、もっと道がちゃんとしてませんでしたっけ??』この小道の横は崖!
大仙山2

いきなり現れた聖徳太子さん。『あの〜、、ここ通らなきゃいけないんですよね〜??』
大仙山3

『あの〜、、がけ崩れじゃないんですか??恐すぎるんですけど〜??』
『普通登山って、、もっと先も後も人がいるんじゃないんですか〜??私達以外の人いませんよ〜』
大仙山4

夫に言われ、ふと顔を上げると、、『山に誰か彫っているように見えるんですけど〜??』
大仙山5

最初の山頂っぽいところに鐘が。娘すぐに反応。
『鐘を鳴らした方は千円以上の寄付を〜』
『何だかバチがあたりそうだから、ちゃんと入れてね!!』
大仙山6

更に登ると本物の山頂に到着。
大仙山7

さすがに山頂。こ〜んな富士山に会えました。これは嬉しい。
大仙山8

帰りの坂道も枯れ葉だらけでツルツル滑る。娘幼稚園の時、母娘のみで富士登山した時の事を、ふと思い出し『勢い良く滑ってダイブしないで!またお顔にオケガするわよ〜』と騒いだ私。
最後の竹林だけ、何となく堪能できた、不思議な登山となりました。最初から最後迄、すれ違う人もなく、、、
大仙山9

『3年前にオープンしたばかり!かんなみ仏の里美術館に行ってみよう〜』続きは次回です。


新・分県登山ガイド 改訂版21 静岡県の山


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

関連記事

コメント

ろぼちゃ〜ん♡
う〜、、、悲惨な心の声編、、わかってもらえてうれしい〜。
これって、、楽しいハイキングには、程遠いよ〜。恐すぎるよ〜。
なんで、こんなに寂しい山の中に、不思議な物体がたくさんあるの〜?感想これだけ(笑)
宿に戻って『運動したから、夕飯たくさん食べてもいいよね〜』これだけは自分にとっての安心感??でした(笑)

あら~。これ、道ですか??(笑)
何でこんなことしちゃったんだろう・・・という心の声が聴こえる~~~!!
最後に富士山が拝められてよかったですね♪
なんだかちょっと救われました(笑)お疲れ様です~!!

もぐもぐさ〜ん♡
メジャーどころか、誰も訪れない感??満載でした。一応登山用に『昔』整備しました〜。という感じが。個人所有となっているから、管理も大変なんでしょうけど。それにしても恐すぎ〜。『何故、私は、ここの山を登っているの??』だけが、ず〜っと頭の中をかけ巡っていました。たま〜に、、なんで(笑)
寄付箱の中身を必死に見ようとしていた娘に『更にバチが当たる〜』とわめいていた事は言うまでもありません〜。

ボルフィさん、登山お疲れ様でした!!
登山の最初から最後まで人に会わない・・・ということは、メジャーな登山スポットではないのかな??
道も登山用には整備されていない感じですが、「登山らしさ」があっていいですね〜!でも道のすぐ隣が崖!という状況には私には無理かも・・・。

山頂の鐘ですが、『鐘を鳴らした方は千円以上の寄付を〜』とまさかの金額指定(?)とは!!
何かご利益があるといいですね(*´ω`*)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村