日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

04月≪ 05月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

『ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き』を読んで

楽友協会お正月にウィーンリングのニューイアーコンサートを聴きに行った際、サントリーホールの売店で購入した『ウィーン楽友協会 200年の輝き』という本。今頃になって読んでみました。『何故、こんなに面白い本を放っておいたんだろう〜』と後悔するくらい面白かったです。
クラッシックが好きなだけで、素人な私。目からウロコばかり。
①楽友協会とウィーンフィルは全くの別物。ただ、楽友協会にウィーンフィルの事務所を間借りしてただけ〜『え〜???』
②楽友協会の歴史とは即ち(音楽教育も)今日のクラッシック音楽の礎と同じ『ほえ〜、、、』
結局、、楽友協会なくしては、今頃クラシックというものが、どんな存在になっていたのか、全く違う景色だった事も考えられるんだ、と素人な私にも良くわかる本でした。
1812年、ナポレオン全盛期の時代からの設立。楽友協会があったこそ、貴族の邸宅にあったお宝、モーツァルトを始めいろんな音楽家達の遺品の散逸を、ある程度免れ、、ブラームスに至っては遺言で、個人コレクションを寄贈(自身の直筆譜等まで)ベートーベン・シューベルト・マーラー、、、楽友協会資料館ではすんごいお宝がザックザク!
『楽友協会の前を通りすぎた経験しかない〜、、ゆっくりウィーンの街を堪能したい〜』と思わせる本でした(笑)


ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き (集英社新書)


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

関連記事

コメント

よっちさ〜ん♡
ごめんなさい〜、、書き方が悪かった〜(涙)資料室は音楽関係者のみの閲覧みたいです。
こんなに凄い歴史と資料が、現在のクラッシックを支えているんだ〜、、に、やけに感動してしまったの。それが、この本である程度理解できるので、そんな意味ではオススメです。ごめんね。

楽友会にはそんなに資料があるんですか
でも館内は英語ですよね
そんな向学でない我が家も、きっとこちらの本を読んでから行けば、理解できそうかしら

MIHOさ〜ん♡
クラシック、、一度ハマると、どんどん面白くなりました。私が若い頃聞いていたものも、全然古い分野に入らず〜、どこで入っても永久保存版みたいなところが、何となくやめられないのかも知れないな〜と思ったりもします。

クラッシックかぁ~~~私には無縁でした(^^@
孫達が、ピアノ初めてぇ~~~やっと、あぁ~~~あ。。。と( ̄◇ ̄;)

有ったなぁ~~~こんな曲もと、気付いた私です(´▽`*)アハハ

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
ヒルトンの予約

一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村