日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ベルリン・サンスーシ宮殿とモーツァルト

音楽家・皇妃エリザベートを巡る旅の目次(←リンク貼ってあります)はこちらからどうぞ。

ベルリン2ここはベルリンBerlinから電車で20分くらいにあるポツダムPotsdamの、サンスーシ宮殿Schloss Sanssouci。1747年、フリードリヒ大王・夏の離宮として完成。1789年4月25日モーツァルト33才の時、リヒノフスキー公爵von Lichnowsky(後にベートーヴェンの後援者となります)と一緒に訪れます。国王フリードリヒ・ヴィエルヘルム2世に謁見できたかどうかは謎。ここにはモーツァルト以外にもベートーヴェン・大バッハ(息子がフリードリヒ大王に仕えていたので)も訪れています。

ベルリン1サンスーシ宮殿・園内にある中国茶館。中に入ると陶磁器等が展示してあります。園内の廻り方はポツダム駅でレンタサイクル(ホームにあるお店で借りると便利です)が便利。ただし園内はサイクリング不可のところがたくさんあるので注意を。私達もしっかり怒られました(笑)  
 

ベルリン5場所はベルリンに戻り、ここはブランデンブルク門Brandenburger Tor.モーツァルトはサンスーシ宮殿訪問の後、ライプツィヒに戻り、再度1789(同年)5月19日ベルリンに来ます。自作のオペラ”後宮からの誘拐”を見たり、演奏会を開きました。モーツァルト33才。この頃の彼はお金に困っていた時ですが、この旅行が潤す事はなかったようです。

ベルリン4ポツダム広場Poztsdamer Platz近くにあるベルリン・フィルハーモニーBerlin Philharmonikerの本拠地。『聞いていたとおり、黄色いサーカス小屋みたいだね〜』

ベルリン6ベルリンの壁。何カ所か保存されています。ベルリンに来て始めて、東西の違いを実感したというか、、傷が癒えてないというか、、いろいろ考えさせられます。勿論、街は活気に満ちあふれていますが。
 
 
 

ヨーロッパの「古城・宮殿」がよくわかる本 (PHP文庫) 面白い歴史付で、写真もキレイなのでわかりやすくて重宝しています。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
↑ブログ村への応援クリックお願いします
 
関連記事

コメント

★ とらとら様

コメントありがとうございます。私も写真をみて初めてベルリンの空の青さを知りました。お恥ずかしい限りです。
余談ですが、ベルリンに勤務する富裕層はサンスーシに居を構えると聞きました(ベルリンフィルの樫本大進もサンスーシらしいです、、)行ってみてわかったのですが、旧東側はタワー・オブ・テラーが目につく、というか、あ〜、という感じが否めません。メルケルさんには、まだまだ頑張ってもらわないと、、

空が尋常じゃなく青いですね。 天気が良くてうらやましいです。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村