日々是好日かしら~

旅行の時以外 家から出たくない〜 子育てしながら気ままな主婦

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ヴェルサイユ宮殿Versaillesとモーツァルト

音楽家・皇妃エリザベートを巡る旅の目次(←リンク貼ってあります)はこちらからどうぞ。

ベル1ここはヴェルサイユ宮殿Chateau Versalles.パリ市内から電車で40分くらい。ちゃんと目を凝らして電車に乗らないと遠回りになりますので御注意を!私達も間違えそうになりました。




ベル28才のモーツァルトは1763年12月24日〜16日間ヴェルサイユを訪れます。現在のhotel le Versailles近くのパントル・ルブラン通6番地にあるコーミエ邸にお世話になっていたようです。

ベル6一家は、ルイ15世やポンパドゥール夫人Madame de Pompadour(1721-1764)の前での御前演奏(鏡の間)王の食事会に招待されたり、という日々を過ごしたようです。この写真はミュンヘンのアルテ・ピナコテークAlte Pinakothekの絵を撮ったものですが『女が隅々まで磨き上げるとはこういうことなのね〜』と感動する程、絵を通しても美しさがわかりました(笑)パパ・レオもさぞかし緊張したのでは、と思うと面白い。



ベル3やけに美しい宮殿内の礼拝堂です。1766年モーツァルトは、ヴェルサイユ・オルガン奏者の職の依頼を断ったようです。母アンナ・マリアを亡くし、散々なパリ訪問となった時です。
 
 
 




 
ベル4マリー・アントワネットの寝室。ウィーンのシエーンブルン宮殿での少年モーツァルトとの会話を思い出します。何となく楽しい気分にはなりません。

 
 




 
ベル5プチ・トリアノンPelit Trianon.並びますが、馬車で行くと雰囲気でます。マリーちゃんな気分になって庭を散策していると娘が嬉しそう。その辺に転がっている石を拾って『これはマリーちゃんが使っていた食器の破片に違いない。私の宝物にしよう〜』今でも我が家には大事そうにしまってあります。
 
 
図説 ヨーロッパの王朝 (ふくろうの本) これ一冊で、どの有名なお城に行っても楽しめますので重宝しています。写真が一杯でわかりやすいです。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
↑ブログ村への応援クリックお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Language

Please select language you prefer !

カテゴリ
最新記事
プロフィール

ボルフィ

Author:ボルフィ
国内外の旅行のスケジュールをたてる事・クラシック音楽・ミニピンが好きです。

最新コメント
ブロ友さん達のブログ♡
一休レストランの予約

カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

宿らん

月別アーカイブ
このブログの読者になる

ブログを更新したら登録先へメールでお知らせします。



提供:PINGOO!

(配信リストはPINGOOにより匿名で管理。配信停止も簡単。無料)

ブログ村